毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西の霊的防災の重要拠点は六甲山だった!

<<   作成日時 : 2017/10/09 17:16   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

政府が発表した、「南海トラフ地震の驚愕の被害想定」と
「北朝鮮のミサイル問題へのリスクマネージメント」として
私たちには、神社という奥の手(切り札)があります!

世界広しといえども、これだけ“神々の場(神社)“が
残っている国は珍しいのです。

無いものを出すのは難しいですが
内在する力を引出しのですから、必ず出来ると思うのは
私だけではないはずです。


日本の国難と言われる
鎌倉時代の元寇(蒙古襲来)の時に神風を吹かせたのは
宗像大社中津宮にいますイシュタルさま、という伝承があります。

イシュタルさまは、宮中ご八神の
生産霊(イクムスビノ)大神さま
足産霊(タルタマムスビノ)大神さまの元神です。

そして、私と妻の直霊の大神さまでもあります。

直霊の大神さまの働きは、本人のアイデンティティに
大きく関わります。

(だから私は、燃えているのか!?)


ちなみに《霊性の覚醒》を目指す人がいますが
それには利他的行為(いわゆるボランティア)が必須です。

利他的行為だけで霊性は覚醒しませんが
内面の霊的開発とセットになった時
大いなる覚醒が起きるとされます。
(何事も陰陽なのです)

つまり、修業してもその後のたくさんの人助けや徳積みがないと
無理っちゅうわけですね(汗)


さて、行ってまいりました大阪弾丸ツアー!


画像



なぜ、弾丸なのかというと、9月末の2日間で4社、
都内のお客様の神社・仏閣でご開運神事をさせていただいた後
2日後に「大阪ツアー&セミナー」、3日後に「長野ツアー&セミナー」、
更に3日後に「武蔵国国分寺ツアー」、その3日後トドメの「岐阜ツアー」と
怒涛の1か月なのです(大汗)。

しかも、その合間に町内会の子ども会運動会!

(これぞ利他的行為オンパレード!)

しっかり自神拝しなくては(これまた汗)


今回はわざわざ、東京から応援にかけつけてくれた4名と
地元の有志の計12名の参加者です!


まずは西宮戎神社です。

こちらでは、しょっぱなから何と結婚式!


画像


(神社で結婚式に出会うのは吉兆です)

こちらは全国に約3500社ある、えびす神社の総本宮です。
「ヱビス」とは海の向こうから来た福の神という意味です。


画像



ご祭神のヒルコ大神はレムリア神界の神です。

摂社の庭津火神社にはツボケノ大神威(地の神威)が
隠れ神としていらっしゃいます。


画像



大国主西神社にはコトシロヌシノ大神がいます。


画像



同じヱビスさまでも、こちらは海に沈んだムー神界の神さまです。
竜宮伝説がありますが宮中ご八神の働きが強い感じです。

ちなみに航海の守護神として有名な
四国の金毘羅宮の奥宮は厳魂(イズタマ)社とされますが
“コト”ヒラや“イズ”タマは
イズノヤエコトシロヌシにつながるような気がします。


次に廣田神社へ行きました。


画像



こちらは摂社の地神社にアラハバキノ大神威(天の神威)がいて
西宮戎神社のツボケノ大神威(地の神威)とペアになり、
この2神が元神になるわけです。

画像



(西宮戎神社は、もともとこちらの廣田神社の摂社でした)

こちらは、私たちのご神事を後押しして下さっている
《超・偉大なご存在》に関わる神さまがいらっしゃって
そのご挨拶を兼ねてのご神事です。

ここでは、ちょっとしたハプニングがありましたが
それは、ツアーの思い出として胸にしまっておきます(笑)。

(いつも大阪はハプニングの宝庫です・大笑)


こちらでは、境内に
神前結婚式に流れる雅楽のBGMがずっと流れていて
おめでたい雰囲気でしたが、
私たちが鳥居を出たとたんに鳴り止み
参加者は不思議だったと言っていました。


画像



次は越木岩神社です。

ご祭神は蛭子大神とされますが
元々は当地にある甑岩(こしきいわ)の磐座を祭ったもので、
自然崇拝が中心です。


画像



甑岩は周囲約40m、高さ10mの花崗岩です。


画像



以前、不動産業者が
マンション建設のために撤去しようとしている
磐座の保護活動家の方から、私のブログにアクセスがありましたが、
満を持して現地でのご神事が出来るのは嬉しい限りです。


境内には六甲山神社(石の宝殿)の里宮や
土社(大地主大神)があり,
そちらにはツボケノ神威さまがいらっしゃる感じでした。

今回は、岡山から参加のMさんが
いろいろと感じたことを教えてくださいました。


これまでは霊能者のYさんやMさんが
現場で観えたことを話してくれましたが
今回は参加できなかったので
やっていることは、同じですから
見えなくても、いつもと同じ現象が起きていますよ

と説明すると、参加者もそりゃそうだ!ということで
気合が入っていました。


次はいよいよ六甲山です。

標高931mの山頂に連なる六甲山脈は
大部分が約1億年前に、地下深くで生まれた花崗岩で出来ています。

(パワースポットは花崗岩の場合が多いのです)

山伏や天狗に関する多くの伝説があり、
昔は山中には88の社があり、
それらの中心に石の宝殿・六甲山(むこやま)神社と
六甲比命(むこひめ)神社がありました。

現在は廣田神社の奥宮とされます。


ちなみに、六甲山は「向かつ峰」とも呼ばれ、
廣田神社のご祭神の別名、撞賢木厳魂天疎向津姫
(つきさかきいつのみたまあまさかる“むかつ”ひめ)
との関係も示唆されます。

(実は、天照皇大神さまのことです)

一行は、以前この近郊に住んでいて
六甲山に登山したこともあるという
H君の案内で、山頂近くにある六甲山神社を目指しました。

(H君は平成生まれ!で私のブログを読んで
仲間入りした、当社ツアーのニューホープです)


駐車場がないので、近くの林道に車を停めて
神社を目指しました。


画像



お社は、小高い丘の上にありました。


画像



眺望は抜群です。


画像


画像



そこで、ご神事をしようとしてH君に
じゃ君はいつもの神術でと言うと
実は、光のマニ宝珠の大神さまが出来るようになったと言います。

私の目を盗んで(笑)、知らぬ間に師匠の講座に参加して
伝授されていたのです!

オ〜〜〜〜!

一同、彼の志の高さに心打たれ
参加者の中からも嗚咽に近いすすり泣きが聞こえ始めました!

ニューホープ誕生万歳〜〜〜〜!!

ヒノモト王国に夜明けを告げる歴史的瞬間に
六甲山系に、万歳三唱が響き渡ったのです!

という感じで、お歴々の参加者からいじられている
人気者のH君です。


さて、肝心なことに戻ります(笑)

ご神事をしていて、ハッと閃いたのです。

比叡山や白山もそうですが、
ククリヒメノ大神さまのいらっしゃる霊山には
地球主宰神である国常立大神さまがいらっしゃることを
思い出しました。

(そうであったか!)

全員で力を合わせて、六甲山にポータルを立てた後、
30分かけて、ミコトノリを大阪平野と四国にお届けしました。


画像



言霊を司る神仏も総動員して後押しをいただきまき、
参加者には笏で、そのミコトノリをより拡げてもらいました。

さて、これで、大阪(兵庫)ツアーの1日目はおしまい!


画像

             (大満足で帰路につく参加者一同!)


翌日は、大阪天満宮に何と朝8:00集合して
お昼までに6社も巡る強行スケジュールです。


大阪天満宮のご祭神は菅原道真公とされますが、
実はそのバックにそうそうたるご存在が控えています。


画像



境内の大将軍社は地主の神をお祭りする社で、
クナドノ神(アラハバキノ大神威)をはじめ、
オオカムツミノ大神など北辰の神々がいます。


画像



また、霊府社には天御中主大神がいます。


画像



日本三大祭りの「天神祭」で有名な大阪天満宮は、
星の神々と太古神の聖地なのです。


実は、8時に境内に集合してみると
拝殿前でくがたちの神事が行われていました。

熱湯で邪気を払う神事です。

その時は気づきませんでしたが、
後で撮った写真を見て驚きました。


画像



ご神事をされる巫女さんが
光に包まれていたのです。

こうした伝統的な神事では、
しっかりと神仏が感応して来られるという証拠でしょう。


境内では、またしても結婚式と出会いました。


画像



本日も、幸先が良いスタートで、参加者もゴキゲンです。


次は、いよいよ本ツアー最大の目的である生國魂神社です。


画像



こちらは日本民族の守護神である宮中ご八神の関西の拠点です。

生島足島神社(長野)とともに宮中ご八神さまの重要聖地です。


境内の鞴(ふいご)神社には隠れ神としてのアラハバキノ大神威さまが
いらっしゃいます。


画像



こちらでは、以前させていただいたご神事の
拡大バージョンをさせていただきました。

拝殿で、
生島足島神社の宮中ご八神さまと祓戸大神さまとも連携していただき
南海プレートによる大地震や北朝鮮問題の霊的防災を強化し、
日本の守護を祈願しました。


画像



こちらでも巫女舞が始まり、参加者も行く先々で
祝福を受け、”もうお腹いっぱい”という感じです。


次は四天王寺で、ご本尊は救世観世音菩薩さまです。


画像



現在、とても旬なご存在で、大活躍されています。

今回は地蔵堂も発見しました。


画像


画像



寺院では、ご本尊さまとともに地蔵大仏尊さまは重要です。


宮中ご八神と救世観世音菩薩さま、
このコンビがとても重要なのですが、
実は、その3日後に控えた長野ツアーにおいて
それが大スクープにつながりました!


四天王寺では、またしても地元のMさんが
内緒の話題を提供してくださいました(笑)


次は今宮戎神社です。


画像

 

事代主神と三貴神(天照皇大神・素盞嗚命・月読尊)を
お祭りしています。

本来は四貴神でヒルコ大神さまも入ります。

実は、コトシロヌシノ大神さまは
ご本殿ではなく、こちら大国社にいらっしゃるようです。


画像



今回は知らず知らずのうちにコトシロヌシノ大神さまの
ご開運になっていました。


近隣に廣田神社もあり、
昨日の西宮市の廣田神社と西宮神社と同じような位置関係で
陰陽関係にあります。


画像



ただ、残念なことに本来ひとつの境内だったと思われる場所に
高速道路が横切って、龍脈を見事に断ち切っています。


画像



こちらでは、近くの公園からご神事をさせていただきました。


今宮戎神社は、参加者Tさんのお母様の産土神社で
全員で、ご開運をお祈りさせていただきました。

(Tさんは私が琵琶湖ツアーの船上で
愛を告白して、湖へ突き落されたあのTさんです。
憶えてるかなあ〜〜)


最後は、今回のツアーとセミナーを企画して下さった
Mさんと、参加者のSさんの産土神社・鎮守神社である、
安倍王子神社です。


画像



本来のご祭神はケツミコノ大神さまで
建速須佐之男尊さまが生命の神にバージョンアップされた
ご神名です。

境内に鎮座する総合末社のご祭神の中には
高良大神(ヤハウェ)・由賀大神(ベガ星主宰神)などもいらっしゃり
5本あるご神木にはそれぞれ木霊の神が宿っています。


画像



参拝者の方が、ご神木に抱きついていましたが
他の方が置いて行った邪気をもらいやすいので
そうした行為はあまりお奨め出来ません。


画像


参道のとなりに印山寺という曹洞宗の寺院があり、
神宮寺のようでしたので、
こちらにもご神事をさせていただきました。

神社は、神宮寺も重要なのです。


最後は、SさんとMさんにご縁あるご神仏方のご開運を
祈らせていただき、私が勝手に
またファインビジョンを大阪に呼びます!
と宣言してご神事も終了したのです。


これで、大阪2日目のツアーもおしまい!

午後からはファインビジョン初の大阪セミナーと
相成ったのでした。

また、大阪セミナー出来るといいなあ❤


(越木岩神社のブログはこちら)
  ↓    ↓    ↓
http://finevision.at.webry.info/201505/article_5.html


(作風が懐かしい「琵琶湖ツアー」はこちら)
  ↓    ↓    ↓
http://finevision.at.webry.info/201701/article_6.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西の霊的防災の重要拠点は六甲山だった! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる