毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな真っ黒い姿でやってられない!と不動明王さまに嘆かれました!?

<<   作成日時 : 2017/10/09 21:35   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

護摩焚きの件で、お疲れの不動明王さまには突然嘆かれ、
大本山のご本尊さまからは、住職に言っておいてくれ!と迫られ、
あるご開祖さまからは、頼もしいものだと褒められる《夢》を観ました(!?)


9月中旬から始まった、1か月で6連発の
ファインビジョン始まって以来の怒涛のツアーラッシュ!
その狭間に、こんな不思議な夢を観たのです。

(夢なので当然写真はありません)

それはこうです。


こんな夢を観た・・・(黒沢明風に)

ある祈願依頼者の方とともに私たち夫婦はとある寺院に、
3人で参詣していました。

その寺院は、ある宗派の大本山で
広大な敷地の中に
宗派のご開祖さまのお像がある大きなお堂と
その敷地の奥まった場所に
ご本尊さまをお祀りするご本殿がある寺院でした。

私たちははじめに、寺院の中で一番大きな
ご開祖さまのお堂にご挨拶をしました。

そこは私も、過去何回かご神事をさせていただいた寺院、
という設定でしたので
開祖さまも私をご存知のようです。

一緒に行かれた依頼者の方も、お目通りが済んだので
早速、夢の中でご神事をしました。

ご開祖さまは、元は人間ですが魂が大きいせいか、
私たち3人は暖かい歓迎の波動に包まれたのです。

その後、3人は
ご本尊さまがいらっしゃるご本殿へと向かいました。

こちらは、少し離れた場所にあるせいか
参詣者は誰もいません。


妻は先ほどから
何か痛いような異様な波動を感じる、と言います。


ご本殿に入るとご本尊さまは、
奥のガラス張りの綺麗な講堂にお祀りされていました。


ご挨拶をさせていただきましたが、妻は、
ご本尊様が本来の働きをされていないのではないか?
と言います。

ご神事を済ませると、それを傍証するかのように
妻のもとへこんなメッセージが来たのです。

こんな博物館のような場所へ置かれて
私たちは展示物ではない!

更に、こんなメッセージです。

もっと大きな働きをするには
きちんとした祭祀が必要なのだ!

突然の唐突なメッセージに3人で驚いていると
最後にはこんなメッセージも!

それを、この寺の住職へ伝えてほしい!!


私は、夢の中でオロオロとしてしまいました。

こんな大きな仏閣のご住職さまに私が言える訳がありません。
どなたか理解して下さる僧侶の方がいてくれれば良いのですが(汗)


ご本尊さまは、
開祖のお像の方が大きな仏殿にお祀りされ
しかも、ご自分達は境内の奥の参詣者が少ない場所に飾られ、
祭祀もあまりされないのか、とてもご不満のようでした。

確かに先ほどの開祖がお祀りされているお堂からは、
僧侶達の読経が盛大に聞こえてきています。

困ったものだと話しながら山門のところで振り返り
ご本堂に向ってご挨拶をすると、先ほどとは雰囲気が違います。

灰色にくすんでいたお堂が明るくなっていたのです。
(それは、同行した方でも感じたようです)


別の摂社にむかう道すがら
妻が、さきほどの異様な気配の原因にハッと気づきました。

実は、お彼岸という時期もあり
ご本尊さまがきちんと働けていないことも相まって
諸霊たちがご本尊さまにすがって
境内にたくさん溜まっていたのです。

つまりご本尊さまの祭祀をしないで、その働きが弱いと、
檀家の諸霊を成仏出来ないわけです。

それってお寺として機能してないじゃん(大汗)

私は夢の中で叫んだのです!


妻の霊能はいつも神仏の方に向いているので
諸霊のことは、あまりわからないのです。

妻も浮遊霊がたくさんいるのは感じていたのですが
同行の方が怖がらないように
その場であえて話さなかったようです。

私にはまったく感じませんでしたが(笑)

(そうでなくては、ご神事なんてやってられましぇーん!!)


さて夢は続きます。


次に行ったのが境内の端にある妙○堂です。

こちらでは、ご本尊さまが大歓迎をして下さいました。

私の魂の故郷である北辰(北極星)のご存在で
同行者の方にもご縁が深いようです。


妻と、同行した方に
あなた方もやっと来られましたか
とお声掛けくださいました。

まるで魂の親のような存在で
何があってもわが子のように守りますよ! 
とおっしゃって下さいました。


一緒に行った方は、
そのお言葉を聞いて涙ぐんでいました。


ご社殿の裏からご神事をさせていただくと
ご本尊さま自ら
わざわざこちらを振り返って、見て下さっていました。

私たちを同志のように感じてくださっているようです。

長い階段をおりて帰る際には、何と
上から手を振って見送って下さいました。


同行された方も、こんな世界があるんですね〜
と感慨深げです。

私は、
世の中には見えない世界を信じない人もいますが
私たちの中では、
パソコンの大事なデータは外付けのハードディスクで保存しましょう!
と同じレベルで考えているんです。
というと、なるほど!ということになりました。

(夢の中でもけっこう良いコト言ってるじゃんと
思わずうなづいてしまいました)


世の中にはこうした世界をすぐにわかる少数の人と
まったく信じない人
そして、大多数のどちらともいえない「日和見菌タイプ」の人がいます。

日和見菌タイプの人は、優勢な勢力に加勢する
フレキシブル(?)な感覚がありますから、
少しでもこうした世界が理解できる人を増やせば
日和見菌が一揆に加勢して
地球人類も大きく変わると思います。

ただ、私は他人の人生より、
自分の人生を良くしていくことだけに
興味がありますから
みんな同じ考えにならなくて良いと思います。

日本には【道】という考えがあり
目的は一緒でも流派がいろいろあるのです。

信じるのではなく
「自ら考える道」は、まさに“未知”でおもしろいのです。

(さすがに夢の中ではこんなこと考えません)


まだ夢の中での散策は続きました。
今度は、都内にある寺院です。

夢なので一瞬で移動しました(笑)


まずは境内にある神社でご挨拶しました。

地主の神さまがとても大事なのです。

ご神事させていただくと、
こんなことは初めての経験だ!  
とびっくりしておっしゃっていました。

次に、こちらでもご開祖さまをお祀りするお堂にご挨拶です。


ご神事をさせていただいて、
ご開祖さまが開いた霊場を
すべてご開運させていただきたい旨をお話すると
頼もしいものだ! 
とおっしゃられました。

(先日に偶然、その霊場をご開運しなくてはと思い
地図を見ていたのです)

神仏にはよくお褒めいただきますが、
仏教界のスーパースターにそこまで言われると何だか
照れくさいものです(笑)。

ファインビジョンでもツアーを開催しますので
有志が集まるよう後押し下さい!(特に関西!!)
と、祈願しました。


お堂の外に出ると、屋根の上に翼をひろげた
ご開祖さまのお姿がありました。

実は、ご開祖さまは地球を何とかするために
高い文明の星から降臨されたアバターラのおひとりで
仏教の他にも土木作業や書家など多くの才能をお持ちです。

つまりたくさんの上級霊が融合した複合霊なのです。
(レオナルド・ダヴィンチなども同じです)


そこまでは、うれしかったのですが
ここからがまさに悪夢となりました(汗)


3人でご本尊さまをお祀りしている
不動堂にお参りしました。

お堂の中に自由に入れるので、
お近くまで行ってご神事をさせていただいた時のことです。

護摩焚きの煙で堂内やお不動様のお像が
黒くすすけていたのです。

不動明王さまに夢の中で私が
護摩焚きでお疲れのご様子で、
と申し上げると、突然
こんなお言葉を発せられたのです。

こんな真っ黒な姿でやってられるか!  


妻曰く、不動明王さまと建速須佐之男尊さまは
性格が似ておられて、単刀直入に物申すそうです。


不動明王さまによると
「原因と結果」の法則によって病気やトラブルを引き寄せた人間が
自らを省みず、護摩焚きで祈願されると、
疲れて、とても大変なのだそうです。

実際、以前も〇〇不動で、同じようなお話を聞きました。

自ら天地自然の道理(交通ルール)を違反しておいて
警察(原則界のルール)が来た時とたん、弁護士(神仏)に
何とかしてください!
と頼んでいるのが人間なのです。


ご神事をさせていただいてから
実は、本日参詣させていただいた理由は
○○祈願で・・・
と申し上げると

あなたたちもそれか!  

とがっかりされてしまいました(大汗)。

確かにご本尊さまの足元には、
たくさんの人間から祈願された祈祷大麻が山積みされています。

特にこの時期の戦勝祈願がお嫌いなようです。


ある有名寺院の不動明王さまは
私は人間の煩悩の清めなどやりたくないのだ!
しかし、人類のレベルが低すぎるので仕方なくやっている。
本来は宇宙の叡智を伝え、強化するのが自分の役目なのだ!!
とおっしゃっていたことを思い出しました。


織田家は不動明王さまにご無礼があります。

ところが、どうやら同伴されたもう一人の一族にも
同じカルマがあるようでした。

これはお詫びした方が良さそうだということになり、
3人で土下座です。

織田家は夢の中でも土下座しているのです(汗)


5分ほどお詫びして、
その日、なぜ祈願しにきたのかを詳しくご説明すると
それならわかった!  
と、私たちの事をご理解してくださいました。

神仏は、地球を良くしようとする志を持っていると
後押しをしてくださいます。(特に脱・原発)

更には、
これからは、地蔵大仏尊さまが中心となられて
地球仏界は動いていきますので、ご安心下さい。
と申し上げると、肩の荷が降り、とても安心されたようです。

地蔵大仏尊さまとよくお話をする、と言う妻曰く
すべての諸霊までその懐に抱く
ものすごく頼もしいご存在が地蔵大仏尊さま
ということです。


実は私も仕事柄、形代祓いをすることがあります。

ただ、その形代からは、穢れが出るので
ご神前には置かず、離れた場所で清めます。

また、祈願も
本人を守っている産土神社の神さまや
一族の菩提寺のご本尊さまに頼むよう勧めています。

いろいろな神仏に信仰を持つのはかまいませんが
そうした神仏たちも、本人の産土神に一目置いていて
その領域を侵す事が出来ない《暗黙のルール》があると聞きます。

生死や縁結びなど、重要なことは手を出せないそうです。

つまり、産土神に感謝するのが
一番手っ取り早いのではないかと思うのは私だけでしょうか?

すごい神仏を拝むのではなく
実際に身近で守ってくれているご存在に感謝するのが大切です!


大汗のお詫びを終えて境内を散策していると
六地蔵さまに出会いました。

お祈りをして帰ろうとしたのですが
ここでまたひとつ気になることがあったのです。

(気になる事ばかりの夢です)

お像の一番目立つところに寄贈者の名前が彫られていて
3人で、
何かその人の所有物みたいで変だよね!?
と話しました。

確かに、境内の摂社の瑞垣にも、
大企業の名前がこれ見よがしに、しかも金文字で
大きく載っていました。

奉納は、無記名の方が陰徳を積める
と聞いたことがあります。


私と妻は、わずかな時間の間のことだけれども
いろいろ考えさせられるよね〜と話し、
駅ビルのレストランで、少し遅いランチを取っている所で
夢から醒めたのです。


画像



今回、何かこの夢が、
神仏からの”熱いメッセージ”だったような気がしてならないのは
この話を聞いた妻も同じ気持ちだったようです。

大きなお寺などで見かけるシーンもあるので
変な誤解を招いて、ご迷惑をおかけしたら申し訳ないとは思いましたが、
もしかすると、神仏も夢の中と、同じような気持ちになっているとしたら
お可哀想です。

この夢を信じるのではなく、多くの人が考えてほしいと思い
ブログに書いてみました。

スマホですら日進月歩の時代ですから
もしかしたら、神仏の世界も実は大幅に進化しているのかもしれません。

天動説から地動説に変わったように
ある日、神仏の世界の冥利も
その一部が明らかになってくる時代が
すでに来ているのを感じるのは私だけでしょうか?


それにしても、あ〜〜変な夢だった?! 


明日は、薬師瑠璃光如来さまから
薬師マンダラを造りたいから
全国の国分寺の薬師瑠璃光如来さまに伝えて欲しい!
というメッセージがありましたので
総勢15名で武蔵国分寺のご開帳へ行って参りま〜〜〜す!


今度は悪夢じゃないことを祈ってます!!



※1日2本アップしたど〜〜〜!新記録樹立!!









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな真っ黒い姿でやってられない!と不動明王さまに嘆かれました!? 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる