毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS ギネス更新まちがいなし!諏訪の空に2日続けてまたしても彩光が! !

<<   作成日時 : 2017/12/20 23:58   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

前々回のブログで、長野県では彩光遭遇率が最高!
書きましたが、それが2日間も続けて出ると何でだろう〜となりますが
その理由がついに解き明かされました!!!


画像



今回の諏訪湖ツアーは、ツアー会社主催の
観光ツアーとは100倍は違う〈ディープ〉なツアーを自負していました。

なぜなら今回、信頼できる方からの情報や徹底調査の結果、
諏訪地方に隠された重層的な祭祀の全容を
奇しくもツアー直前に知ることが出来たからです。


諏訪は本来、洲波・須波で古き神々(神威さま)がいます。

「波」がどなたを表すかは、ファインビジョンツアーに参加された方なら
ピンと来るはずです!


実は、この地方の神社のご祭神の分布を調べてみると
通常、諏訪神社のご祭神とされる
タケミナカタノ大神さまとヤサカトメノ大神さまよりも
圧倒的にミシャグチ神さまをお祭りする神社の方が多いのです。

ミシャグチ神さまは、“縄文の太古神”とされます。

東京の石神井という地名も同じで、
東京都あきるの市に鎮座する二宮神社には
境内に荒波々伎神社や社宮(ミシャグチ)社もあります。


また、諏訪大社の上社、下社ともに
奥宮に御射山(みさやま)神社があり、
ご祭神は地球主宰神・国常立大神さまです。

つまり諏訪の神々は、
国常立大神さま、縄文の神威さま、
そしてタケミナカタノ大神さま(出雲の神)、
ヤサカトメノ大神さま(ムーの神さま?)が
三重構造でお祭りされているような感じです。


そしてもうひとつの目的が
廃仏毀釈で散逸した仏尊さまのご開運です。

今回、廃仏毀釈でちりぢりになっていた
神宮寺の現存する仏尊さまがどの寺院に引き取られたかを
電話や資料で追跡調査したのです。

(実はこれが、翌週の氷川三社ツアーでの
歴史的大スクープにつながるのです!)

諏訪大社上社本宮、下社秋宮周辺には
廃仏毀釈以前は広大な神宮寺の仏閣群が建っていました。

しかし現在は、その十分の一以下が残るのみなのです。

埋没した仏尊さまも多いのですが、
ご本尊さまクラスの仏像は、近隣の寺院に移設され
現在にいたっています。

また、諏訪湖に眠るスワスティカの復活の
一助になるご神事も予定に入っていました。

諏訪湖は日本列島の中心にあって
ムー大陸の四大源力(火・水・地・風)スワスティカをあらわわします。


画像










諏訪大社が4社で一体なのもそこに理由があります。

今回はその4社と、ご神体山である守屋山に
霊的御柱を立てるビッグプロジェクトもあります。

つまり、
@太古の隠れ神のご開運
A神・仏が調和され、偉大なる力を発揮していただく
B霊的な御柱と、スワスティカ活性の一助
という、まるで五目弁当のような濃いツアーなのです!


さて、特急あずさの車中の人となった私は
車窓に映る中央アルプスの山々のあまりの美しさに
電車の席をあちこち騒がしく移動して
写真を撮りまくる迷惑なおっさんになりました(笑)


画像



画像



集合場所の茅野駅は、すでにうっすらと雪化粧です。

駅前ロータリーで合流した参加者11名は、
3台の車に分乗し、最初の目的地である
御射山神社へと向かいました。

いつもの”長野ローグワンチーム”と
東京からの応援チーム3名の編成です。


ちなみに今年に入ってから、ツアーで数々の奇跡を起こしてきた
長野ローグワンチームは、驚くことなかれ
平均年齢60歳以上の主婦の方たちで、
最高齢の方は何と77歳です!

つい半年前までは、こうした世界に縁のなかった方たちですが、
実は今回もまた、2日続けて奇跡を起こしてくれました!!

(地元長野を良くしようという郷土愛が奇跡を生んでいるのです)

御射山神社は、諏訪南インターからすぐの森の中に鎮座しています。


画像



雪景色の境内は、清々しい気に満ちています。

ご祭神は国常立大神さまと御射山大神さまです。


画像



やはり、ツアーのスタートには
大地主の大神さまへのご挨拶は必須です。

まず、天に向かって
いつもツアーをバックアップして下さっている
偉大なご存在方にご挨拶をしました。

ご神事を始めると、神仏のお喜びを表すかのように
鳥居のシデがクルクルと回りだし、参加者のうれしい歓声を誘っていました。


画像



次は、そばにある長円寺です。


移動中も雪化粧の山々が感動的でした!


画像



こちらには日本三薬師と云われ、
諏訪大明神の本地仏とされる
薬師瑠璃光如来さまがお祀りされています。


画像



ご神事をさせていただいて、ご本堂で祈っていると
ご住職さまや関係者の方が気づいて、昇殿参拝を奨めてくださり、
ご本尊の大日如来さまを拝ませていただきました。


画像



境内には、地蔵大仏尊さまもいらっしゃいました。


画像



どうぞ梵鐘もついてくださいと言ってくださったので
早速、みんなで鐘つき体験です。


こちらは、チームのアイドル、
婚活中の今井愛友伽さんです!(キャワイ〜〜〜ン!)


画像



ちなみに、こちらが私!(カックイ〜〜!!)


画像



次に私は薬師堂の写真を撮ろうとして
空を見上げ、あっと叫びました。


画像



何と!またしても彩光です!!


画像



(前々回のブログで、長野は彩光遭遇率が多いと書いたばかりです)

こんなに早くからお目見えになるとは
ツアーに期待が相当かかっている証拠です。

初めて参加した方は、
これが噂に聞く彩光か!
とびっくりしていました。


画像



さて、感動ばかりもしておられません。

次は諏訪大社上社本宮です。


観光バスで訪れる参拝客の方も多く、お土産屋さんはいっぱいです。
せっかくなのでお土産屋さんで昼食にしました。


画像



グルメのNさんは、
メインメニューのお蕎麦の他に
名物のこんにゃくまで頼んで私に半分下さったのですが、
お蔭でお腹いっぱいになってしまいました。


拝殿でご挨拶をしてからご神事をさせていただきました。


画像



画像



回廊から神さまが降臨したとされる硯石(すずりいし)が
見えたので、参加者に自慢げにレクチャーしました。


画像



ところが、Nさんにいただいたコンニャクがあたったのか
諏訪湖を”琵琶湖”と言ったり、硯石を”さざれ石”と言ったり
めちゃくちゃなレクチャーとなり、
その後、大事な神事でも間違えまくって、参加者があきれていました。

それ以来、ツアーの間中、参加者の間では
Nさんが仕組んだとされる
教祖の地位を乗っ取るための「毒入りコンニャク陰謀説」

密かに囁かれたほどです。


無事、諏訪大社前宮本宮に霊的御柱も立ちましたが、
ご神事の途中には、観光客の方たちから応援(?)の手を振られました。

次からは、やっぱり見た目でアピールしないと怪しまれるので、
私は髭を伸ばしてKIMIJIMAの着物姿に大きな指輪、
参加者はやっぱり流行りのディオールの白装束に
ヴィトンのハチマキだよね!
と私が言うと、今度は参加者の中から
先生やっぱり、ハチマキはピンクハウスで
白装束はキャトルセゾンでしょ!
という意見が出ました。

すると、違う参加者から
白装束はコムデギャルソンでしょ!!
という声も。

私は、
コムデは、黒装束しかねえよ!!
と話しましたが、意見が割れたのでその話は立ち消えになりました。

(何かとても無駄な文章を書いていたような気がする・汗、
やはり、あのコンニャク陰謀説は本当だったのだろうか・大汗)

そんなわけネーだろ! ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛☆ ≡(;・∀・)っ/凵

おっ!久々の絵文字登場。
やっぱ、このキャラの方が書いてて楽しいなー (-_- )シミジミ


さて、境内の端には出早社(いずはやしゃ)が鎮座しています。


画像



皆神山と同じ神社でとても重要なのですが、
誰も気づいていません。

由来看板には、諏訪の門場神と書かれているので
アラハバキノ大神威さまかもしれません!


次に神宮寺として唯一現存する法華寺に行きました。


画像



ご挨拶してから、往時の神宮寺のイメージが出来る
神宮寺のイラスト看板の前で、
跡地全体にむけてご開運の光を届けました。


画像



(赤い部分が廃仏毀釈で無くなったお寺です)


ちなみに法華寺は、織田信長が諏訪大社を焼き討ちした時、
本陣を構えたとされます。

ここでの明智光秀への対応が恨みを買い
その後の本能寺の変を招いたとされる
因縁の場所で、私は何とも心苦しくなりました。


目の前のレストランからは八ヶ岳の眺望も素晴らしく
ふつうの観光客の方なら、一杯白ワインでも!となりそうですが
私は、そんなことしたら怒られそうな場所です(汗)。


画像



画像



(どこへ行っても、歴史を調べていると
“織田信長に焼き討ち”というキーワードが出てきてホント”汗”ります)


さて、時間も押してきたので、初日だけ参加の方のために
急遽スケジュールを変えて、
諏訪湖の全容が見渡せる立石公園に向かいました。

参加者からは、
織田先生は細かい心遣いがやさしい!
やっぱり思った通りの徳人です!!
と絶賛コールが沸き起こりました。


画像



こちらから諏訪湖全体にご開運の光を差し上げてから
本ツアーのメインイベント!守屋山に霊的御柱を立てるご神事です。

ところがいざご神事という段階になって
肝心な守屋山がどこかわかりません(汗)。


急遽、参加者のひとりが『AR山ナビ』のアプリをインストールして
場所を特定してくれました。

主催者がそのくらい持っとらんかあぁ〜〜!
ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛☆ ≡(;・∀・)っ/凵


15分ほどで、無事ポータルも立ち、本日のご神事はおしまい!

この場所は、またしてもアニメ『君の名は』の聖地として
有名になったようです。


画像



戸隠へと帰る初日参加の方々と、さようならして
一行は本日の宿泊地、油屋旅館へとむかったのです。


実は諏訪湖ツアーは、今回で3回目です。

あと2回は、先日ブログにアップした2年前の同じ時期のツアーと
何と15年前に妻と訪れた新婚旅行ツアーです。

その時の新婚旅行で泊まったのが油屋旅館で、懐かしいものです。


夜は、お酒をあまり飲めない長野ローグワンチームと
隣ですでに”夢の彼方”へ誘っている、新潟のKさんをよそに
この地が旦那さまの故郷であるCさんと
5種類の利き酒セットを注文して勝手に盛り上がったのです。


画像



源泉かけ流しの屋上露天風呂と、おいしい料理で
諏訪の夜は更ける!ドンチャンドンチャン!!

これぞ《まほろバケーション・ツアー》の醍醐味です!

明日は本来、本日中にご神事を終えている予定の2社が
繰り越されたので、超ハードスケジュールです。

しかも天気予報では午後から雪!

果たしてご神事をすべてやり切れるか!?

がんばれ!ローグワンチーム!!

格言
やりは“切る”のではなく、やり“抜く”のです!

良いこと言うね〜〜!! お後がヨロシイようで!

                  (明日へつづく!)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギネス更新まちがいなし!諏訪の空に2日続けてまたしても彩光が! ! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる