毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬至の〈高尾山ツアー〉で“ファティマの奇跡(!?)”が再現されました!

<<   作成日時 : 2017/12/28 19:42   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

本年最後のツアーとなった冬至の高尾山では、
〈ダイヤモンド富士〉直前の太陽にご神事をさせていただくと
太陽が回転しだして、参加者から思わず歓声があがりました!


画像



実は、今年の冬至は占星術的に観ても
パワフルな1日だと言う情報もあり、何が起こるか楽しみだったのです。


さて、高尾山口駅に10時集合した参加者11名は口々に、
今日は暖かくて良かったですね(嬉)
と言っています。

確かにこの時期、もっと寒さを覚悟していたのでラッキーです!


まずは、高尾山総鎮守の氷川神社に参拝しました。


画像



こちらの建速須佐之男尊さまは、
前回のツアーでご神事をさせていただくと
ウワサには聞いていたが、ありがたいものだ!
と喜ばれました。

武蔵国一の宮・氷川神社の大神さまから
情報が伝わっていたようです。


拝殿前で参加者に、
何かメッセージを受けたらドンドン報告してください!
と話しましたが、全員シーンとしています(笑)。

まあ、そういう時は太陽さまが教えてくださいますから! 
ということで、気楽にツアーのスタートです。

(実は私も参加者も、最後の最後であんなビッグプレゼントが
あるとは予想もしていませんでしたが!)


ケーブルカーに乗って参加者一同、
高尾山駅を目指しました。


画像



ケーブルカー乗り場に、本日のダイヤモンド富士のポスターがあり
予想していなかったので
これは、ラッキー!!
となりました。

(実は、高尾山では偶然にも2度目のダイヤモンド富士です)


今回は、高尾山だけを1日かけてじっくり巡るツアーですので
余裕をかまして、まずは天狗焼きにチャレンジです。


画像



いつもは、昼食を移動中の車の中でとることもあるので
本日は楽ショーなのです!


高尾山は、真言宗智山派大本山で
正式名称は高尾薬王院有喜寺(やくおういんゆうきじ)で、
成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに関東の三大本山のひとつです。


参道を歩いていると、たこ杉が現れました。


画像



一夜で根を曲げて、道を譲ったという話ですが、
人間に、浸食されていく高尾山の生きとし生けるものの
未来を表しているようです。

またこちらは、八大龍王さまの存在を示唆しています。

実際に、妻と遠隔でご神事をしていると、
高尾山のご存在から、
自分達の領域(住処)を犯した人間に対してとても怒っている!
というメッセージをいただきました。

高尾山は年間の登山者数は約260万人を超え
世界一登山者の多い山としてギネス登録されていますが、
困ったものです。

また、高尾山には神仏や龍神さま、天狗さま、精霊、諸霊という
たくさんの存在がいらっしゃるのですが、
変容している方が多いように感じるのは、私だけでしょうか?

これもすべて、人間が介在した結果なのです。


画像



鳥居をくぐり最初に参拝したのは
神変大菩薩(役行者)さまをお祀りする神変堂です。


画像



しばらく歩くと男坂百八段階段です。

この階段数は、“煩悩”を表すとされ
私には煩悩はないので(笑)、楽な女坂を登りました。


画像



途中、眼下に首都圏を眺望できる場所があったので
参加者全員で、首都圏の神社をご開運しました。

せっかく神術を伝授されても、
光のビームが遠くに届いていない方がたまにいるので
何10km先をイメージする練習も兼ねています。

シンゴジラやウルトラマンの
スペシューム光線をイメージして下さい!
と話しました。


画像



しばらく歩くと四天王門で、
四天王さまがお祀りされています。


画像



四天王門をくぐると天狗さまがお祀りされています。


画像



天狗さまは、国常立大神さまのご眷属になります。

つまり、天狗伝説のあるお山は、
国常立大神さまがいらっしゃるお山なのです。

ちなみに、天狗さまは大都会にもいらっしゃって
織田家から車で15分ほどの
新座市の平林寺の森にもたくさんいらっしゃいます。

また、大阪と奈良の境にある修験道の聖地、金剛山では、
天狗さまに囲まれた経験もあります。

その時私は、ご神事のために
十一面千手千眼観世音菩薩さまを顕現させていて
何であの人間は私たちよりも大きな翼を持っているんだ!
と驚かれました(笑)。


八大龍王さまもお祀りされていて、
仏教の守護神とされますが、
本来は、大国主大神さまのご眷属のトップです。

(ちなみに、国常立大神さまのご眷属のトップが
九頭龍大神さまです)


本堂の前を通り過ぎ、穴弁天さまにお参りしました。


画像



高尾山では、重要聖地ですが、
どうしたことか、少し封印されている感じがありました。

こちらは、薬王院よりも古いとされ、
地主のご存在かもしれません。

ご神事をさせていただいてから
ご本堂方面に戻りました。


次に、大師堂に行って
弘法大師空海さまに、ご挨拶しました。


画像



高野山東京別院では、
四国八十八ヵ所霊場のツアーをやります!
と申し上げると、
頼もしいものだ!! 
とお褒めいただいた経験があります。


ご本堂には、
薬師瑠璃光如来さまと中興の祖である
飯綱権現さまがお祀りされています。


画像



以前妻と参詣した時には、
私は飯綱権現ではない!  
とおっしゃられていましたが、
長野で、飯綱山や飯綱権現社里宮で
ご神事させていただく機会もあり、
不動明王・カルラ天・ダキニ天・歓喜天・宇賀神・弁財天を
合体したご存在とされる飯綱権現さまは、
本来のお姿は、御食津大神さまではないかと推測しています。


更に高台にある、ご本社でお祈りをさせていただき、


画像



奥之院の不動堂と、富士浅間神社にお参りしました。


画像



以前、こちらで
国常立大神さま復権のミコトノリをお聞かせしていると雨になり、
雨宿りに来た若い女性と“ひとつ屋根の下”となり
お聞かせしている音声を止めることも出来なくなり
気まずい雰囲気になった思い出があります。

女性にとっては、まさに
“悪夢の雨宿り”だったことでしょう(笑)。


浅間神社では、○○○コノハナサクヤヒメノ大神さまに
本来のご出自を説明しました。


画像



さあ、次はいよいよ山頂です。


画像



山頂へは奥の院から20分ほどで到着します。

山頂は、冬至のダイヤモンド富士ということで
そのベストショットを狙うカメラマンで一杯です。


画像



私たちは、この山頂を中心として
高尾山に建っているポータルを更に太くする
ご神事をするため少し離れた階段で一列に並びました。

人が来ない場所を選んだつもりだったのですが
予想外に登山客の往来が多く、
中には、何をやっているのか
興味深く訊いてくる方もいました。

何人もの方が訪ねるので初めのうちは、
ヨガです!
太極拳です!!
とまじめに答えていましたが、
最後は、
ピンポンパン体操です!
林家ペー体操です!!
とふざけて答えました(ウソです)。


無事、ポータルも完成し、
いよいよダイヤモンド富士の時間です。


画像



あまりにも太陽が美しいので、見惚れていると
あることを思い出しました!

妻から電話で、
太陽の大神さまのご開運を祈ってほしい!
と言われていたのです。

ギャラリーに紛れた参加者を呼び集め、
少し離れた場所へ移動しました。

そこで、太陽の大神さまのご開運を祈った後に、
それでは、本当にご開運しましょう!
ということになりました。

先ほど、首都圏に向けて差し上げた神術のビームを
今度は太陽に向けて発射しました。


画像



するとどうでしょう!
太陽の輪郭がドンドン回転し始めたのです!!


画像



参加者から次々と歓声が上がり、
一同、感動に包まれました!!!


私は、よく体験するのですが、
初めての参加者は、それはもうビックリです。


私が、初めてこの体験をしたのは、
20年ほど前の師匠の戸隠ツアーでのことです。

雪の戸隠神社で神業をしていると
太陽が顏を出し、突然回転しだしたのです。

その時、〈ファティマの奇跡〉の時の太陽も
こんな感じだったのでは、
という話になったのです。

ファティマの奇跡とは、
1917年、ポルトガルのファティマという村で
7万人の群衆の前にマリアさまが現れ、
同時に、太陽が踊り、回転したとされる
神威譚(しんいたん=物語)のことです。

妻と行った元伊勢の日室ヶ嶽や
出雲の日御碕神社では、
一度沈んだ太陽が再び顔を出したことがあります。


彩光や虹、太陽が回転することを
ツアーで体験できるのも、こうしたご神事が
4度目の天の岩戸開きの一助になっているようで
やり甲斐と実感が湧きます。


画像



さて、いよいよダイヤモンド富士です!

経過を追って、お見せしましょう!!


画像



画像



画像



画像



ヤッター!!! 

参加者にとっては、
太陽の大車輪&ダイヤモンド富士の
”ダブルプレゼント”でした!!


早めにツアーを終えた私は、
高尾山口駅と連結する高尾山温泉極楽湯で
冬至の柚子湯と天然温泉で登山の疲れを癒したのです。



ところが、そのツアーの1週間後、何と
私はまたしてもダイヤモンド富士に遭遇してしまったのです!!


それは、私が産土神社のしめ縄を奉納していた時のことです。

私の産土神社

画像



コノハナサクヤヒメノ大神さまのいらっしゃるご神木

画像



富士塚山頂奥宮

画像



不動明王さま
五色幕、看板、しめ縄を奉納しました!

画像



しめ縄の取り換え作業も終わり、
ホッとして境内の富士塚を見上げた時のことです。





画像



本日も出ましたあ! ダイヤモンド富士!!



お後がよろしいようで。

(わからない方は
写真をクリックして拡大してください)


皆さま良いお年を!!





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬至の〈高尾山ツアー〉で“ファティマの奇跡(!?)”が再現されました! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる