毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたもご自分の〈故郷〉に、“パワースポット”をたくさん創ってみませんか!?

<<   作成日時 : 2018/01/05 19:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ご神事ばかりやらせていただいていると、偶然行った場所が
実はその地域の重要な“ツボ”にあたる場所だったりするのは
もはや必然の、神仏界のトレンド(潮流) を感じます!


みなさま、2018年!明けましておめでとうございます!!

まずは、昨年最後を飾った
ダイヤモンド富士&太陽が回転した〈高尾山ツアー〉ですが、
その後、参加者のIさんからこんなメールが届きました。

実は高尾山ツアーの翌々日、TBSの夕方のニュースを見ていたら、
高尾山のダイヤモンド富士を取り上げていて、
笑顔でカメラを構える先生がバッチリ映っていました!
(私も映っていました!\(>_<)/)

また、Kさんからは、
回転していた太陽の美しい写真も届きました。


画像

          (まるで、ご来光のようです!)


さて、年末恒例の妻の実家がある群馬への帰省でも
たくさんの聖地を“ご開運”でき、
新たなるパワースポットがたくさん誕生しました。


29日は、妻が仕事を終えた後に参拝したのが
渋川市北橘町下箱田に鎮座する木曾三社神社です。


画像



こちらは、境内に湧泉があり、美しい湿原が広がっています。


画像



湧泉では、水が湧出する際に気泡を伴って砂を巻き上げ
湧き出る湧玉(わくたま)と言われる現象が有名です。


画像



以前から、避暑に絶好の神社でしたので
訪れてはご神事をしていましたが、
年末恒例で、群馬に現れる“ある方”のお蔭で、
鎮守の森におられた国常立大神さまが、ご本殿を拠点とし、
超バージョンアップされました!

桁違いの〈神業〉は、やはり凄いの一言です!!


画像



これで、ここ木曾三社神社も
赤城山、榛名山、妙義山、荒船山、荒牧神社、妙見寺に次いで、
上野国パワースポットの殿堂入り決定です!


さて、午後からは家族で上野国の総社である
総社神社にしめ縄をご奉納に行きました。

まずは、その元地である宮鍋神社です。


以前、宅地整理で切られるかもしれないご神木に
しめ縄を奉納させていただき、
計画が変更になり、神さまから大変感謝された
という経験があります。


画像



宮鍋神社からは、日本国総鎮守の大神さまがいます
赤城山が遥拝できます。


ご神木にしめ縄を巻いていると、妻が神さまから
カナヤマヒコノ大神のご開運を祈ってほしい
というメッセージをいただきました。


私は、その神さまがお祭されている神社には
神威さまがいらっしゃることが多いことから
アラハバキノ大神威さま、ツボケノ大神威さまでお祈りしてみよう、
ということになりました。

お祈りしてみると、足元がとても暖かくなります。


そこで私たちはハッと気づきました。

実は、総社神社のご本殿裏手のご神木を中心に
オオナムチノ(大国主)大神さまがいらっしゃいます。


画像



つまり、
赤城山・・・・国常立大神さま、地蔵大菩薩さま
宮鍋神社・・・アラハバキノ大神威さま、ツボケノ大神威さま
総社神社・・・大国主大神さま
で三位一体になっている訳です。(妙に納得!)


思い起こせば20年間、しめ縄を奉納し続けて
やっと地主の大神さまが目覚め、
表舞台で活躍できる時期が来たのです!


午後からは、ショッピングモールへと向かった家族と別行動で
私は冷水小祝神社へと向かいました。


画像



秩父夜祭りで有名な秩父神社や、
壮麗なご社殿の千葉神社のルーツが
こちらだと知る人はほとんどいません。


画像


画像

            秩父夜祭りと千葉神社(写真お借りしました)


初めて来た時に、この神社の事を
何人もの人に聞いてもわからないので
ある神社で、見つかるよう祈願して、
そのとなりの家で尋ねたら、その方の畑の中にあった!
というエピソードがあります。


恐らく畑の目の前まで行っても
どこにあるのかわかる方は少ないでしょう!


画像



しかし今回は、竹藪も伐採整備され、
目立つ状況になっていて、ホッとしました。


星が落ちてきて、その池を潜ってさぐると金色に輝く亀があらわれ、
それを天皇に献上したので「神亀」という年号になった
という伝承のある池にも
まだ、かろうじて水が湧いています。


ご神事をすると、竹同士が風で揺れて当たり、
バキバキと大きな音がしました。

いつか、この重要聖地を物理的にも復活させたいものです。


次に行ったのが高崎市引間町に鎮座する妙見寺です。


画像



こちらは、冷水小祝神社から妙見菩薩さまがこちらに遷座され
その後、秩父神社〜千葉神社へ勧請されました。

細かい理由は書けませんが、現在、
妙見さまの日本有数のパワースポットです!



その近くには、上野国分寺があります。


画像



群馬県を代表する寺院にしては、
相当お寂しいので(T_T)紅白でてましたねえ!
何か奉納はできないものかと思っていますと、
偶然にも夕方のこんな時間に、裏の墓地から関係者の方があらわれ、
奉納窓口の方を教えてくださいました!

新年早々、ご奉仕、ご奉仕!  


前方には、ありし日の上野国分寺跡地が広がっています。


画像



埋没された仏尊さまをご開運させていただくために、
十一面千手千眼観世音菩薩さまの翼と
ククリヒメノ大神さまと、笏にいただいている偉大なる御力の
トリプルで、久々のフルパワーでさせていただきました。

誰もいない(埋没された仏尊さまはたくさんいますが・汗)
この地に立つと、いつも『夕陽のガンマン』になった気がします。


翌30日は、桐生市で開催するセミナーに、
妻とふたりで向かいました。

群馬在住の方が、参加者を集めて下さったので
妻と私の“ダブル講師”でのセミナー開催です。


桐生市に向かう道すがら、赤城山がよく見えるのですが、
妻の実家がある前橋からみる赤城山とは趣が違います。


画像



途中、偶然にも産泰神社(さんたいじんじゃ)を発見しました。

産泰神社は、全国の産泰神社の総本宮とされます。

妻が一度は行ってみたいと言っていた神社ですので、
早速、参拝です。


入口には随身門があり、アラハバキノ大神威さまの気配を感じさせ
スタートからワクワクムードです。


画像



境内に入ると、空気感がガラッと変わる
数少ない“気場”の強い神社です。

ご本社もりっぱな造りです。


画像



画像



裏手には、13万年前の赤城山のなだれの堆積物で出来たという
巨大な磐境があり、
全国から安産祈願に、多くの方が訪れるといいます。


画像



妻は磐境を見るなり、
安産は、イワナガヒメノ大神さまの御神徳です!
と言います。

琴座のベガ星から降臨されたコノハナサクヤヒメノ大神さまの
御神徳は、ひと言で申し上げると優美荘麗で、
どうやら「安産祈願」の方は、実は偉大なる〈地母神〉である
イワナガヒメノ大神さまが担当しているようです。

ご神事をさせていただくとイワナガヒメノ大神さまは
こんな事初めてです!
と驚かれていました。

また、ご本殿がキラキラと輝き、
コノハナサクヤヒメノ大神さまからも、大歓迎を受けました。

境内を出ようとして、
この神社は何と浅間山と向き合っていることがわかりました!


画像



浅間山には、昨年秋にツアーで参拝した浅間神社があり、
イワナガヒメノ大神さまをお祭りしているのです。

後になって、
いろいろなものがつながってくるものです!!


さて、桐生市では集まった9名の方と
ビジネスホテルの会場での講義を終えた後、
近くの桐生市宮本町に鎮座する美和神社に行きました。


画像



こちらは延喜式内上野国十二社のひとつで、
奈良の三輪神社を勧請したとされる古社です。


画像



合祀された牛頭天王社の祇園祭ともに開催される
桐生八木節まつりは、両毛最大の夏祭りで
市内は50万人の人出で溢れます。


境内にある西宮神社は
えびす総本社である兵庫県西宮市の西宮神社からの
関東で唯一の直系分社とされ「関東一社」と称され、
祭礼のえびす講でも、関東一円から商売繁盛祈願に
20万人が訪れるそうです。


画像



ちなみに、ファインビジョンの2018年の年賀状には
昨年ツアーで参拝した兵庫県の西宮神社の写真を
使わせていただいており、不思議なシンクロを感じました。


美和神社でご挨拶をすると、拝殿に神さまが立たれました。

妻が参加者の中から地元のKさんとHさんに
前に出てもらうように言いました。

出て来られた神さまは、Kさんにご縁ある大神さまで、
小槌を持つお姿で、大物主櫛甕玉大神さまのようでした。

そして、Kさんにこんなメッセージを下さいました。

ご先祖の中に、信仰心の篤い方がいて
この縁結びとなった。

今後、町おこしをして、桐生を背負って立つ人材になってほしい!


ご神事をさせていただくと
ゴオー!ゴオー!!と音を立てて
もの凄い突風が、裏山から吹いてきました。


画像



また、晴れているのに雨まで降ってきました。


その時に現れたのは、
Hさんの父方の産土の大神さまのようで、
龍神さまのお姿で降臨されました!


大自然が神さまの宮居(お住まい)で、神社は、玄関口です。

人間は、神社(玄関)ばかり豪華にしますが、大自然が重要なのです。


西宮神社には恵比寿神として
蛭子大神(ひるこおおかみ)さまをお祭りしており、
本来、三貴神に蛭子大神さまもふくめて“四貴神”とされます。

お隣に金刀比羅神社がありますが、そちらには
コトシロヌシノ大神さまがいらっしゃいました。

同じヱビスさまでも
ヒルコノ大神さまは、レムリアの神さまで、
コトシロヌシノ大神さまはムーの神さまです。


今回のご神事で桐生と言う土地は、
織物の女神さまが降臨された地であることと共に
日光と江戸をつなぐ重要ポイントでもあることがわかり、
今後も引き続き、ご神事を重ねていく必要がある聖地となりました。



神社参拝を終えて、そばのレストランでランチをしたのですが
レストラン上空に神さまが来られて、私たちを見ていました。


さて、いよいよ大晦日は、
関東三大師のひとつ、青柳大師へ行きました。

妻の実家から、車で10分ほどの場所に
こんな名刹があるなんて、まったく知りませんでした。

古くから天台宗の中心的寺院として栄え、
ご本尊は阿弥陀如来さまです。


厄除けとしてお働きくださっているので
ビタミン剤たっぷりのご神事をさせていただきました。


画像



これで、年末の群馬でのご神事はおしまい!


今回は、前橋と高崎が中心だった【群馬パワースポット地図】が
新たな展開を見せ、着実にツボを押さえて
拡がったような気がします。

みなさんも、ご縁ある地域に新たなパワースポットを
造営するのもオツなものですよ!


さて、大晦日の夜はウッチャンの神対応MCが大好評だった
紅白歌合戦を観てから、
何と10数年ぶりに産土神社で初詣です。

(子どもを授かってから、毎年年末は群馬でしたから)


画像



何と拝殿前には、長女が書いて奉納した
〈浦安の舞〉の絵が飾られていました!


画像



お蔭さまで私の産土神社も昨年は、
「氏子チーム」と「富士塚チーム」
そして、好き勝手にやっている「織田家チーム」の
三つ巴の奉納合戦(!?)で、いつになく大いなる盛り上がりをみせ
本当に嬉しい限りです!!


これで、『織田家の年末年始ストーリー』第一部もおしまい!!


元旦から始まった第2部は、
神仏からの”あるメッセージ”に思わず頭を抱えてしまう、
『織田家正月ストーリー』の開幕となったのです!


画像


そうとは知らずに大晦日の夜は更けていく〜〜〜〜!!





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたもご自分の〈故郷〉に、“パワースポット”をたくさん創ってみませんか!? 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる