毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の嵐の日、〈トトロの故郷〉で神社仏閣の風景が変わる体験をしました!

<<   作成日時 : 2018/03/15 16:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

3月1日、春の嵐が日本列島を駆け抜けた日、
長女の受験で訪れた所沢市で、大自然の息吹に触れると共に、
多くの神仏方との交流、そして嬉しい出来事が起こりました!


画像



その日私と妻は、長女を高校受験に送りながら
せっかくなので、「受験校の鎮守神社」をはじめ、
所沢の重要聖地をご開運する
ふたりだけのラブラブツアーを開催しました (ウフッ!)

ところが、いざ出発をしようとするとラブラブツアーどころではない
大荒れの天気でした(汗)。

天気予報で、本日は春一番の大荒れ天気!
大雨の中出発です!!


画像



神道フーチでリサーチした、長女が
天命を歩み、楽しい高校生活が送れる学校
として出た高校は、延喜式内社と大自然に囲まれた場所にあります。

バレエを趣味としている長女にとって
公立高校では唯一舞台芸術が学べる高校で、
漠然と高校受験する同級生の友人が多い中で、
羨ましがられたものです。


まずは「受験校の鎮守神社」としてお働きくださっている
延喜式内社・中氷川神社です。


画像



拝殿で合格祈願をしました。


画像



受験ではよく天神さまに祈願する方も多いですが
本来は〈大自然神〉が祈願の受付役で
菅原道真公のような人間神の方に、合格祈願をするのは酷なものなのです。

受験祈願は本来、大自然神のお祭りされている
「本人の産土神社」か「鎮守神社」、
または「受験校の鎮守神社」にするのがスジです。


拝殿で祈願しているとオオナムチノ大神さまより
この所沢の地に森を増やしてほしい! というメッセージが来ました。

所沢は、トトロの森の保存事業で有名で、
中氷川神社の裏手にも、気持ちの良い鎮守の森があります。


画像



次に参詣したのが、受験校の目と鼻の先にある○○寺です。

こちらでは、仏尊さま方から
まるで宇宙人をみるかのようにびっくりされました。


画像



ご本堂にいらっしゃる不動明王さまに
受験合格した暁には、3年間お世話になると思います、
と申し上げるとぜひそうして欲しい! と期待されました。


地主社として鎮座している石尊大権現さまは
神威さまのような雰囲気でしたので
〈国常立大神さま復権ミコトノリ〉をお聞かせすると
足元がホッカイロをいれたように熱くなり、
とてもお喜びになられているのを実感しました。


画像



ミコトノリを聞かれて胸が熱くなる!ほど感動されたようで、
雨なのに突然、鏡のような太陽が出て、境内が光で輝き出しました。

あまりのドラマティックな風景にふたりで写真撮りまくりです(笑)。


画像



神仏曰く、今日の日は晴れの日で”始まりの日”だ!
ということでした。

境内の六地蔵さま方も一言、本日はこの上なく嬉しい日だ!!
とおっしゃいました。


確かに、有名な神社仏閣でしたらわかりますが、
偶然、高校のそばに鎮座している、という理由だけで
予告なしに訪れ、ご神事したわけなので
仏尊さま方の驚きと期待は予想以上だったのでしょう。


次は武蔵国の延喜式内社の中でも”断トツの歴史”を誇る
出雲祝神社です。


由来看板を見ると、八千矛神(やちほこのかみ)と
“生々発展の神”がいらっしゃる、と書いてあります。

八千矛神とは大好きなアラハバキノ大神威さまのことです。
また生々発展の神とはイクタマムスビノ大神さまのことで、
妻の直霊の大神さまではないか?という話になりました。

10数年前に参拝した時は、そんな知識はありませんでしたので
正直、あまりピンと来ない神社だったのですが、
そんなわけで今回はワクワクしてしまいました。


画像



参道を歩いていた時はまたしても大雨でしたが、
ご神事をしているとみるみる晴れ渡ってきました。


画像



拝殿もそうした事前情報があったせいか、光り輝いて観えました!


画像



妻が、裏手に山々が見える!
というので行って見ると、あまりの素晴らしさに
ここは本当に埼玉なの〜〜!? と思わず叫んでしまいました!


画像



隣にある西久保観音堂では妻が、
神社境内からご開運の光を差し上げていると、
こちらを振り向かれていた! 
という観世音菩薩さまにご挨拶しました。


画像



すると、先ほどは(ご開運の光を)受け取らせていただきましたよ!
とおっしゃって下さいました。


素晴らしい拝殿と、観音堂の境内で、地域の方たちが集まって
嬉しそうに伝統のお祭りをしている風景が想像されて
本当に嬉しくなりました。


妻と私はそうして秩父や青梅の山々に
ご神徳・ご仏徳が拡がって行くのを感じたのです。


画像



「神仏への認識が増すと神社仏閣の風景が変わり、加護が増す」
という講座を4月に師匠の会で担当させていただきますが、
それをつくづく実感したのが、こちらの神社仏閣でした。


写真を撮り忘れていた場所を思い出し、もう一度
中氷川神社に寄りました。

そこで、大発見がありました!

なんと荒脛社を発見したのです。


画像



アラハバキノ大神威さまはご神木にいらっしゃいました!

由来看板には、お名前が載っているのですが
どのお社かは、何回も訪れていましたがずっと謎でした。

(神社もご開運してくると、新たな扉が開くものです)

祈っているとアラハバキノ大神威さまから
こんなメッセージがありました。

所沢は私が地主の神であり、
更に言えば武蔵国すべて私が地主の神として働いている
ということです。

その上に出雲族としての大国主大神さまがいらっしゃる感じです。

もっとしっかりと、お名前を出してほしいものです!!!

実は、聖地にいらっしゃる「隠れ神の種類」と
「ご祭神(日本神界)の重層性」の構造は次のようになっています。

@シュメールの大神
「古事記」「日本書紀」に載っていない地球太古の原存在
Aカムイの世界
日本を出雲族が支配する前のムー大陸時代の『東日流外三郡誌』の神々
B大山祇・出雲系神々
日本の国造りのときに、アイヌ系の大カムイたちを封印します
C天孫系神々
天孫系が来て、大和朝廷が支配します
D古代英雄神
日本武尊、四道将軍や大自然神の祭祀に関わっていた人間をお祭りする
E人間神
近世以降は明治天皇、徳川家康など歴史上の人物や地域に貢献した人

また、〈隠れ神〉にも2つのパターンがあります。

A.もともとその地に宿っていたが、人間が認識できなかったり、
歴史の中で変容されてしまったご存在
(造化三神・別天津神五柱・北辰北斗、
シュメールのご存在・ヤハウェ・宮中ご八神、祓戸大神さま)

B.〔ある出来事の時〕や、政略的に埋没させられた神々
(国常立大神・天照国照彦櫛玉饒速日大神、
アラハバキノ大神威・ツボケノ大神威さまなど)

Bのご存在は、その圧倒的な神力を恐れられて、
封印されてしまったのです。

そして、AとBに該当するのがアラハバキノ大神威さまです。


つまり、合格祈願もそうですが
人間の願望は@〜Cの神々に祈願することが大切なのです。


次は、北野天神社に行きました。

物部天神社・国渭地祇神社の2社が延喜式内社で
天満天神社が合祀され、「北野天神社」となりました。


画像



ご本殿の天照国照彦クシタマニギハヤヒノ大神さまは
十種神宝をお持ちですが、
私たちもそれを持っていることに、気づかれました。

末社の文子天神社は
妻が羽衣でご開運させていただきました。


画像



前回参拝した時は地球病にかかっておられ、
いまひとつお元気がありませんでしたが、
今回は、だいぶお元気になりました。

その横に諸神宮があり、全国の延喜式内社3132座をお祭りしており、
京都の吉田神社・摂社の大元宮レベルのすごい神社なのですが
もう少し氏子さまに頑張ってほしいものです。


画像



数年前に見かねて社号額としめ縄のご奉納を申し入れたのですが
氏子でないことを理由にお断りされました・・・

ちなみにある神社では、ご奉納を申し入れますと
その神社が近々廃社になるという理由でお断りされました。
後からそれは氏子さん達の、奉納を断るための方便だった
ということがわかり
そちらの総本宮の神社での奉納式で、宮司様があきれて
お詫びをして下さいました。

(結局、その事件がきっかけで
そちらの総本宮と奥宮2社に社号額をご奉納できたのですが・笑)


相殿にお祭りされている八千矛の大神さまは
アラハバキノ大神威さまの別名です。
(「地主の大神さま」としてご開運を祈ると良いでしょう)

帰り際に八千矛の大神さまに
武蔵国のアラハバキノ大神威さま方で連携をされ
これからご活躍ください! 
とお祈りしますと
あなた方は大変頼もしい!
と言われ、私たちに期待をされているようでした。


所澤神明宮は、素晴らしいお社の神社です。


画像



20年ほど前、由来書をご奉納させていただきました。


画像



妻がこんな話をしてくれました。

天照大御神さまは「鏡」のイメージがぴったり!
その徳の“純粋な清め”で
大地の神さまの混沌とした徳とはまったく質が違います。

そんな話をしていると、そのと〜り!と言わんばかりに
拝殿の中でラップ現象(!?)が起きました。

境内にある蔵殿神社は、
どなたがお祭りされているのかわからなかったので
社務所でお伺いすると、崇神天皇さまということでした。


画像



ただ、それは明治以降のことですので不明で、
十殿権現とも言われています。とおっしゃるので、
その名前のお社には
ミズハノメノ大神さまがお祭りされていることが多いですよ

とお話すると驚かれていました。

ご神木に神さまがいらっしゃったので、
大自然神ではないかと思いましたがやはりそうなのでしょうか?

また、十数年前、〈月いち神業ツアー〉で訪れた時に
インストラクター役のKさんが、ここは大事な神社です!
と言っていた記憶があります。

参道の正面にあるから、おそらく地主の神さまなのかもしれません。

ちなみに、〈月いち神業ツアー〉とは、
かれこれ十数年前、ご神事のマナーや技術向上・育成を図るため、
忙しい師匠の代理として、霊能のあるKさんを中心に
師匠の会の有志で月一回開催していた〈月一神業ツアー〉で
私と妻も毎回参加していました。

実は私や妻が、神仏のご開運メソッドを
今のように使いこなせるようになったのは
そのツアーで、いろいろ学ばせていただいたお蔭なのです。

現在、私が開催している〈ご開運ツアー〉も実は、
せっかく伝授された神術を、より有効活用できるよう
その伝統を踏まえた上で、
私が事前の遠隔神事で場を整えたり、
参加者や道中の安全祈願もすることで
よりバージョンアップしたツアーなのです。

(最近、そうした“学びの場”が無くなったせいか、
マナー違反されている方も少なからずいるようですが)


次は、もう2社あるうちの、もうひとつある中氷川神社です。


画像



往古、裏山と森があり、そこには奥宮があったとされますが、
現在は、その山を切り崩して住宅地になっています。


ご神事をさせていただきますと、オオナムチノ大神さまより
森を守ることが何よりも生きとし生けるものの
生命を守ることになる!
森にはあらゆる生命がいる、という意識を持ってほしい!!
というお言葉がありました。

さすが〈トトロの森〉の所沢です。
森の復興(鎮守の森ルネサンス)が本日のテーマとなりました!

実は敗戦直後GHQは、今後の日本の神社祭祀の是非を見極めるため
全国の神社よりここ中氷川神社を選び、
そのための〈臨時例大祭〉を視察しました。

宮内省雅楽部の5人と氏子少女4名が奏でた美しい〈浦安の舞〉が、
日本の神社存続の“未来”を決めたことを知る人は多くありません。


今度は山口千手観音として有名な金乗院です。


画像



ご本尊である○○○十一面千手千眼観世音菩薩さまは
ほぼ、現状パターンが決まっています。

ご神事をさせていただくと案の定、その手(翼)から
したたるように人間の想念の穢れが落ちて行きました。

人間の欲望を、一手(千手?)に引き受けているのです。

今回まずは、ご開運の第一段階という感じです。


近くにある狭山不動は西武ライオンズの必勝祈願で有名です。


画像



不動堂の拝殿でご挨拶をして、
裏手の広場からご神事をさせていただいている時のことです。

木々の間から隠れた太陽が見えていたのですが、
思わず目を疑いました。

なぜなら、太陽の周囲に光彩が架かっているのです。


画像



ただよく観ると、これはいつもの彩光ではなく
花粉が多く飛んでいる時に出る〈花粉光環〉という現象です。

ふたつの違いは
〈彩光〉は少し離れた場所の雲をスクリーンに輪が出現しますが
〈花粉光環〉は太陽のすぐ周辺の青空に均等の虹が出るのです。

(お蔭さまで、私も彩光に関して相当詳しくなりました・笑)

つまり…花粉の大量飛散のサインとなりますので、彩光と違い
花粉症の方にとっては、まさに「魔のサークル」なのです(恐!)


妻は、すでに花粉症で涙目になっていたので
この辺でこの日のプチツアーは終わりです。


実は翌日、長女は「実技試験」があり、
私が送迎役だったので、しつこくまた金乗院へ行きました。


本日は、見晴らしの良い奥之院の広場から
私も十一面千手千眼観世音菩薩さまを顕現させて、
境内全体にご神事をさせていただきました。


その時発見した大日堂にもご神事をしました。

ちなみに、十一面千手千眼観世音菩薩さまの御力でするご神事は、
ご開運の光もたくさん出せて、しかも
手をゆっくり動かしているだけなので目立たないことに気づき
参拝客の方がたくさんいる場所でも
違和感なくご神事が出来ることを発見しました
(ヤッター!)


十一面千手千眼観世音菩薩さまには、狭山観音霊場の神仏方に
ご開運の光を届けていただくようお願いすると、
そのご本体である鳳凰さまが、たくさん青空に舞い、
光を届けに行ってくださいました。


画像



大日堂とご本殿には、太陽の御神威が燦々と降り注ぎ、
3月とは思えぬ暖かい日差しに境内が包まれたのでした。



画像


ご本殿は、昨日の写真とはうって変わって明るくなりました。


画像



さて、長女の高校受験の送迎ついでに企画した所沢ツアーでしたが、
正規のご開運ツアー並みの大収穫でした!

神仏は、どんな小さなキッカケでも逃さず、
ご開運のチャンスを掴もうとしているのが身に染みた1日でした。

特に物部天神社摂社・文子天神社での女神さまのお言葉が
心に沁みて忘れられないものとなりました。

○○○の女神さまはこう言われたのです。

私たちは今までジッと待っておりました。
待っていればやがてこうして新たな時代が来るものですね!


受験の日に、所沢中のご神仏をご開運させていただいた甲斐もあり、
(本人も夜中まで勉強していましたが)
1週間後の合格発表日では、長女は無事合格し、
妻の誕生日と相まって、豊かな花々に囲まれるお祝いとなったのです!


画像


めでたし!めでたし!!


後でわかったのですが、
武蔵国一の宮から西の武蔵御嶽神社へつながる
重要な龍脈の〈中間地点〉が所沢で、
今回偶然にもその一帯をご神事させていただいたことで
その龍脈が活性化したのです。

だから、この地域に延喜式内社が何社も集中していた訳です。

恐るべし!延喜式内社!! 



というわけで、新春セミナーのご案内です!
      ↓     ↓     ↓
https://www.ubusunajinjya.com/セミナーのご案内/


画像

          ファインビジョン!これからもイクで〜〜!!
                    
                   (チョークアート制作:織田麻渚&フレンズ)
 




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の嵐の日、〈トトロの故郷〉で神社仏閣の風景が変わる体験をしました! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる