毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS 普段の日常が〈激変〉する瞬間は、いつも妻がもたらします!

<<   作成日時 : 2018/03/27 00:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

子ども達を「としまえん」に送迎する間に
参拝した〈神社レポート〉を書くつもりでしたが、
その日の夕方、とんでもない結末が待っていました!!


画像



次女とその友達が”卒業プチツアー”で企画した
「としまえん」に車で送り、
迎え予定時間の夕方まで、さて、何をして待とう?
ということになりました。

妻も仕事でいませんから、
としまえんの周囲に鎮座する神社を、昔のように
ひとりでコツコツと神社巡りをすることにしました。

(私は霊能がない分、当時、気が済むまでキチンとさせていただこう、
という気持ちでやっていた性分が長年の体験で身についてしまいました。)


この土地は、武蔵国では珍しい神社が鎮座しています。

春日神社、白山神社、○○神社などです。


まず初めに訪れたのが白山神社です。


画像



境内には樹齢800年のご神木があります。


画像



由来看板を見ると、ご祭神はイザナミノ大神さまとあります。

先週のツアーで琵琶湖のイザナミノ大神さまに
ご神事をさせていただいていたので、
オッ! という感じです。

ところで、
白山神社なのにククリヒメノ大神さまは
いらっしゃらないのかしら?
と思って隠れ神や地主の大神さまたちの
ご開運も祈りながらご神事をすると
穏やかな小春日和の境内に突風が吹きました。


画像



やはり、しっかりとククリヒメノ大神さまは
いらっしゃるようです!

また、地主の神さまはご神木にいらっしゃるようです。

ちなみに隠れ神として、宮中ご八神である
オオミヤノメノ大神さまも大きく働かれています。

(この神さまは国常立大神さまのご分身です!)


次の神社へ向おうとして境内を出ると
何やら看板が見えます。

近くで読むと、何と元神宮寺だったようなのです。


画像



ご本尊が阿弥陀如来さまだったので
阿弥陀マンダラの造営をお願いしました。


画像



ふと、境内の隅を見ると、小さなお堂が目に入りました。


画像



覗きこんでみると、なな何と地蔵大仏尊さまでは
あ〜りませんか!


画像



「ご神木、隠れ神、地主の神、神宮寺、阿弥陀マンダラ、地蔵大仏尊」

何かこれ、4月1日に師匠のところで開く私の講座
神仏の認識が増すと神社・仏閣の風景が変わり加護が増す!講座
で話す内容そのまんまなのです!!!


講座の前に実体験で、より詳しく話せるよう神仏が
お膳立てしてくださっているようで、
まるで京都・琵琶湖・息吹山ツアーのご褒美のようでした。

(ツアー参加のみなさん!実際にご褒美がありましたので
首を長くしてお待ちください!私が独り占めしておきます・笑)


さて、次に参拝したのが○○神社です。


画像



繁華街に鎮座しているので、おかわいそうです。

これも今度の講座のレジュメにある
コンクリート造りのご社殿や境内は
気や大地の浄化には適しません

と書いたそのままです。


次は、江古田の浅間神社です。

駅前にあるので、参拝者も多いです。


画像



こちらは拝殿しかなく、ご本殿は富士塚です!


画像



富士塚を直接拝めて最高の配置です。

富士塚も講座で紹介しますので、いいネタ頂きました(笑)。


次は、春日神社です。


小春日和の境内に、としまえんから
子ども達の歓声が響いています。


画像



武蔵国には、春日神社の鎮座数は少ないのです。

特に4神が揃ってお祭りされているのは
杉並に鎮座する春日神社くらいだった記憶です。


画像



いつもポータルでお世話になっている
アメノコヤネノ大神さまにお会いできて嬉しかったです!

こちらには境内に第六天神社があり、
恐らくアラハバキノ大神威さま(地主の神)でしょう。


画像


また、仏尊さまも丁寧にお祀りされています。


画像



こうした話も講座で話すつもりでした。


すぐとなりには寿福寺があります。


画像



だいたい隣接している寺院は神宮寺など関係が深い寺院です。

看板を見ると案の定、
春日神社の仏尊さまがお祀りされていました。


画像



これも「神宮寺の見つけ方」として紹介する方法です。


ご本尊は薬師瑠璃光如来さまで、
今度は薬師マンダラのご造営をお願いしました。

境内にはやはり、地蔵堂がありました。


画像



さて、予定の神社仏閣もすべて参拝し、
次は、床屋さんです(笑)。

ちかくの床屋さんに飛び込んだのですが、
ここで思わぬプレゼントがありました。

ふとした話から、神社の話になり、
他にお客さんがいなかったことから
奥さままで巻き込んで産土神社の話題になったのです。

お父様が趣味で古事記の語り部をやられているそうで
神さま大好きご夫婦でした!

HPを紹介しておいたので産土神社リサーチ来るかもです(笑)。

これもこの土地の神社をグルリと
ご開運させていただいたお礼でしょうか?


さて、あと残り3時間は、としまえんに隣接する
緑に囲まれ静かな時間が流れる大人の湯処。
バーデと天然温泉・豊島園庭の湯で
りら〜〜〜くす! です。


画像



まるで、当社のまほろバケーションツアーを
絵に書いたかのようです(宣伝です)。


さて、子ども達を無事車にピックアップし、
TWICEの大合唱を背中で聞きながら
たどり着いた自宅でそれは起こりました。


仕事から帰った妻が突然、こんなことを言い出したのです。

私の上空の高い所に、鳳凰さまが8体ついて来ている!

私は思わず、
ま、ま、ま、またかあ〜〜!!!
と叫んでしまいました。


ただ、以前はおひと方が来られたこともありましたが
さすがに8柱では、事の重大さが違います。

思い起こせば、確か私が大バージョンアップしたのも
一昨年前の京都・琵琶湖ツアーの直後でした。

今回も先週、同じルートのご神事をしてきたのです。


そして本日極めつけが、
神仏から妻が言われた驚愕のひと言!  


画像



そ!そ!それって!!何をしたらいいの!?  


(ファインビジョンもりっぱになったものだ!)


コツコツひとり真面目なご神事の地味な(!?)1日の最後の
驚愕の出来事でした!


”驚愕の出来事”の内容は、
3月31日(土)開催の「九星気学講座」
4月14日(土)開催の「神棚・仏壇・お墓の開運祭祀講座」に
ご参加の方だけにコッソリお教えします(笑)
   ↓   ↓   ↓
https://www.ubusunajinjya.com/セミナーのご案内/


明日からは、〈伊豆下田プチツアー〉行ってきまあ〜〜す!!





 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
普段の日常が〈激変〉する瞬間は、いつも妻がもたらします! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる