毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS GWも神仏は休みません!ある大本山で〈驚きの出来事〉に遭遇!!

<<   作成日時 : 2018/05/08 10:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

GWに、家族で子どもたちの守護寺院に行きました。
ご挨拶だけつもりだったのですが、神仏は時間を無駄にしません!
またしてもそこで、ツアーを超える驚きの出来事が起こりました!!


まずは、長女の守護寺院である
東京都にある大本山の○○○寺です。


画像



境内では、地主の神である
出世稲荷大明神さまにご挨拶しました。

長女の前世で○○山に関係があったということで、
そちらのご縁もあるようです。


画像



ご本殿に向かうと、大太鼓がドンドンと鳴り、
護摩焚きが始まりました。

せっかくなのでご内陣に上がらせていただき
見学しました。


さすが大本山です。
9名ものお坊さんが読経しています。

初めは、参拝を嫌がっていたふたりの子どもも
僧侶の方々の迫力に、目が釘付けです!

(小さい頃は、工作で笏を作って親を真似ていたのですが、
年頃になると変わってきます・笑)


その時妻が観た、護摩焚きの様子をお伝えします。

護摩焚きが始まり、真言が称えられると、
ご本尊さまを中心として境内にお祀りされている
たくさんの仏尊さまが集まって来られ
〈曼荼羅〉が形成されていきました。

ご本殿にお祀りされている開祖・□□和尚さまが
ともに働かれているのも観えました。


最後に参詣者の祈祷大麻を
お弟子さんの僧侶の方が炎にかざすと
仏尊さまの眷属の方が、同じ所作をされていました。

また、私たちの産土の守護曼荼羅のご存在たちと
ご本尊さま方の曼荼羅が交流され、
全員のオーラが、厚く大きくなった
そうです。


護摩焚きも終わり、広い境内で
ひと通りご神事をさせていただいて
帰ろうとした時です。


画像



ふと、妻が
こちらの開祖である□□和尚さまは
ご自分が○○○の存在であることをご存知ないのでは!?
と言い出しました。

実は、□□和尚さまは、キリストさまやお釈迦さま同様、
ETソウルで、地球人類の進化を促すために
宇宙から来られた○○○のご存在なのです。


こちらの方にはお伝えしたことがないので
恐らくご存じないだろう、
ということになり、急遽
その方のお祀りされているお堂に参詣しました。

同じ神仏や開祖の方でも
御分霊されると、それぞれ性格や
知っている情報も微妙に違ってくるのです。


こちらの寺院には、ご本堂の他に
奥ノ院が勧請されていて、そちらにも□□和尚さまが
いらっしゃるのです。


まず、自分の名前と住所・生年月日・干支を申し上げました。

そして今回、地球の主宰仏が太陽仏である大日如来さまから
本来の地球仏である地蔵大仏尊さまになられたことを
お伝えしました。

更に話題が□□和尚の出自である
○○○のご存在に移った時のことです。


妻が突然、
私は神ではないのか? と言っている!
と言い出しました。


私は一瞬、□□和尚さまが何を言っているのか
理解できませんでしたが、すぐに納得できました。

つまり、○○○宗や○○宗などもそうですが、
総本山では、開祖のお像が仏尊さまよりも大きなお堂に
お祀りされています。

ある意味、それぞれの宗派では
ご開祖さまは、神(仏尊)と同等のご存在なのです。


当然、こちらのご本殿でも、中心にお祀りされているのは
□□和尚さまで、先ほどの護摩焚きでも働かれていました。

また、即身成仏という考えもあり、
入滅した後は仏(神)になる、とされます。


私はこう申し上げました。

□□和尚さまにおきましては、
ご本殿や奥之院で、中心にお祀りされておりますが、
あくまでも中心にご鎮座されるのは
大マハークシティガルバ(地蔵大仏尊)さまをはじめ、
偉大なる大仏尊さま、もしくは大神さまということでございます。

現在、各宗派で偉大なる開祖の方々をお祀りし、
門人たちが尊敬申し上げるのは素晴らしいことですが、
あくまでも中心は大宇宙神(仏)、大自然神(仏)さまだと
思っております。

宗派の中ではそれで良いかと思われますが
〈陰陽調和された地球〉になるためには
そうした偉大なご存在の御力、ご活躍が必要なのです。

同じ神でも人間から出世された人間神と
もともとの大自然神では働きが違うものでございます。

そうした流れを整理是正し、新たなプロトタイプになるのが
現在の「4度目の天の岩戸開き」だということです。

大自然神・星の神々(仏)を大切に中心軸としてお祀りし、
各宗派の開祖の方々は、それを補佐し、人間を教化する働きが
本来の流れであることを、共に働かれている開祖の皆様方にも
お伝え頂ければありがたく思います。

□□和尚さまが室戸岬において、虚空蔵菩薩さまの
ワケミタマをいただいたように、
本来の宇宙神、大自然神の叡智が虚空蔵菩薩さまであり、
肉体を持った人間としての和尚さまは
あくまでも、人類の教化のために来られたものです。

たいへん失礼なことを申し上げましたが
ご理解いただけるとありがたく思っております。


すると妻が〈神仏からのメッセージ〉としてこう言いました。

□□和尚さまは、叡智というものの求道者でした。
精神性の向上を常に求められておられた方なのです。

それが“陽”であるとすれば、
今後は“陰”としての大自然(産土)を強化する番なのです。

天の思想(大日如来さま)だけでなく、今後は
大地(地球・地蔵大菩薩さま)の思想が必要となってきます。

それが調和することで、更なるバージョンアップが起こります。


教義というものも、時代とともに変化成長していくのが
宇宙の法則ということなのでしょう。


そう話したところで、子どもが遠くで呼んでいるので
手早くご神事をすませ、引き上げました。


画像



□□和尚さまは、大自然神とご自分の働きの違いは
よくよくご理解されたようで、感謝されました。

もともと○○○のご存在なので
お考えがシンプルな上に、向上心が素晴らしいので
過去や自分のエゴに拘らず、パッと変化出来るのです。

本質をサニワし見極め、すぐ採用して、行動する!
これが開運の秘訣です!!
(私たちも見習いたいものです!)

何げなく思いついたことで、
こんな大それた事になるとは思ってもいなかったので
驚きましたが、見えない世界のご存在は、
どんな時も〈変化成長のチャンス〉を逃さないようです。

私たちも仏教界の大スターの□□和尚さまと
実りのあるお話が出来てうれしかったです。

(4度目の天の岩戸開きとは、そういう時代なのでしょう!)


静岡ツアーの続きではありませんが
あ〜〜!ビックリした!!
と言いながら、家族と○○○寺を後にしたのですが、
次の現場で、更なるビックリが待っていることなど
誰が予想したことでしょう!


次に言ったのがさいたま市にある△△寺です。


画像



こちらには、斬新なデザインの仏尊さまがいます。


画像



画像



ご本堂に昇殿してご挨拶をしていると
妻があることに気づきました。

例えば長野の善光寺など
寺院仏閣のビッグネームが鎮座する土地は
神仏(陰陽)で比較すると、仏の方が強くなり、
神仏のバランスが偏ります。

子どもにも父母(陰陽)が必要なのと同じです。

(そのために私が、長野の有志とツアーをして
神社をご開運しているわけです)

もうひとつ言えば、神仏と人間も〈親子関係〉で、
神仏(親)は人間(子ども)を守護することで成長し、
人間も神仏の守護で成長します!

(神あっての氏子、氏子あっての神、とは
 よく言ったものです)


こちら、さいたま市は武蔵国一の宮・氷川神社のお膝元です。
つまりバランスでいえば、陽(神)が強い土地なのです。

(だからこそ、氷川神社の神宮寺が重要だったわけです)


△△寺は、氷川神社が近いこともあり、パワースポットですから、
今後、大宮の神・仏の拠点としてご活躍していただくのが良い。
という話になり、早速そのことを祈願しよう!となりました。


ちなみに△△寺は、創建当時は天台宗(ご本尊:薬師瑠璃光如来)で、
その後、曹洞宗(ご本尊:釈迦三尊)に改宗されています。

その為ご本殿の前に薬師瑠璃光如来さま、
後ろに釈迦三尊さまがお祀りされています。


ところがここで、またしても予期せぬ出来事です!!


祈願をしていると、釈迦如来さまより突然、
こんなことを言われてしまったのです。


それはちょうど私が、
人類が今までご迷惑をおかけしたことをお詫びして、
人間がより天命を歩むよう教化することをお話し、
今後のご活躍を祈願しようとした時のことです。


画像



廃仏毀釈をしたのは人間であろう!
あなたたちは、そんなことが出来るのか!?


私は、何とお言葉を返してよいかわかりませんでした。


あせりながらも、ひたすら今までの行動の経緯や、
ブログなどに神仏の御苦労を書かせていただき
ひとりでも多くの心ある人達に、神仏のご開運を祈ってもらうよう
その一助となる活動をしていることをお伝えしました。

すると今度は妻が、こんなことを言い始めました。

釈迦如来さまは人間の中の〈精神性の向上〉を
求めていらっしゃいます。

そしてまた現在の人間に、そういう心を持てるのか?
という不信感もあるようです。

また釈迦如来さまには、人間の心を成長させ、
“お釈迦さまの法”を説く働きがあります。

智慧を学び、志を高く持ってほしい!
というお気持ちがあるようです。

それに対して、薬師瑠璃光如来さまのお気持ちは
ご自分の形成している薬師マンダラの中に
人間が自ら入って来てほしいという広い〈救済の御心〉なのです。


私はこのお話を受けて、次のようにお伝えしました。


物事には陰と陽がございます。
陰と陽は、全く違う立場の働きでございます。

例えて言えば、釈迦如来さまの精神の向上は〈縦・陽〉、
薬師瑠璃光如来さまの衆生の救済は〈横・陰〉です。

薬師瑠璃光如来さまにおきましては
生きとし生けるものを、慈悲の御心で救済するお働き。

釈迦如来さまにおきましては、そうした者たちが変化成長し、
更なる高い世界へと導くというお働き

まさしく縦と横のお働きでございます。

その陰陽ふたつの力が合わさった時に十字となり、
より多くの世界を動かせると私は信じておりますし、
より多くの者たちを救えるのではないでしょうか?

今後ともお二方が陰陽調和され、大いなる陰の御仏徳を
この地に降り注いでいただき、
武蔵国一の宮の大神さまともご協力され、
この地が光り輝く〈まほろばの地〉とならんことを
心よりお願い申し上げます!


私も咄嗟に口に出た言葉ですが、その本質は
充分お二方へお伝えできたようです。


釈迦如来さまは最後に
動植物を豊かにしていくのに
人間のリーダーとしての智慧が必要だ!
ともおっしゃっていました。


また今回は、宗旨替えをされていることもあって、
薬師瑠璃光如来さまと釈迦三尊さまの
調和も必要だったのでしょう。


ひと仕事(ふた仕事)を終えて、家路へ向かう車中で、妻から、
静岡ツアーや今回の話を聞いていて
雅裕さんは神仏に重要な事を伝えることが上手くなった!
と褒められました(エヘッ)。

確かに自分で言うのも何ですが、
咄嗟によくもまあ、神仏も納得して下さることが言えるよなあ・・・
と不思議です。


これも私の得意な講座
『天地自然の道理を学び、和楽に生きる!』のおかげです。

受講希望の方はリクエストお待ちしておりま〜〜〜す(笑)。




画像











月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GWも神仏は休みません!ある大本山で〈驚きの出来事〉に遭遇!! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる