毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS 武蔵国のファイナルドア〈神戸岩〉がついに開きました!

<<   作成日時 : 2018/09/12 20:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

武蔵国〈霊的防災強化〉の最後の砦となるのが、
徳川幕府の江戸城守護(国家鎮護)の祈願をしていたとされる
奥多摩に鎮座する超聖地【大嶽神社】です。


画像



さて、「武蔵国一の宮・氷川三社」とペアになるのが
「武蔵国総社・大国魂神社」と「武蔵国分寺」です。

そしてその奥之院とされるのが東京都青梅市に鎮座する
「武蔵御嶽神社」とされます。


ここまで知っている方はかなりの“神社通”ですが、
更にその大奥とされる超重要聖地があることを
ご存知でしょうか?

それが、西多摩郡檜原村にある大岳山と
その山麗に鎮座する大嶽神社&神戸(かのと)岩なのです。



画像



奥宮が大岳山(1,266m)山頂に鎮座し、
里宮が檜原村にあります。

大岳山は、多摩川、荒川の源流域にあたり、
水源地がある山は霊山とされます。

画像


古くは江戸湾の漁民からも目印にされ、
現在も良く晴れた日には都心からも山容が良く見えます


ファインビジョンでは、
すでに20回以上の「武蔵国一の宮ツアー」と
ペアになる「武蔵国総社・大国魂神社&国分寺ツアー」を
開催してきましたが、今回は“満を持して”、
武蔵国の最奥のファイナルドアにチャレンジなのです!

オープンセッサミィ〜〜!

ゲームではありませんが、何事にも順序があって、
“最後の扉”は多くの努力と時期が来ないと開かないのです。

今回のツアーは、
房総半島沖のスロースリップによる千葉県における群発地震や、
群馬県渋川市を震源とする地震に
関東の霊的防災の急務を感じたことで急遽決定した
成田山ツアー、氷川三社ツアーに続く、
関東の〈霊的防災強化ツアー〉の第三弾です。


猛暑の真っ只中の8月5日、
その主旨に賛同した参加者16名は
あきるの市にある秋川駅改札へと集結しました。

今回は妻も、アドバイザーとして
ツアーに久々の参加です。


画像



実はこの前日、ふたりで自宅から遠隔で
ご神事をしたのですが、驚きの事件がありました!

何と、巨大な大龍神さまが突如奥多摩の地底から現れ、
織田家の1kmほど上空に来られたのです!!

初めは、ご開運が成されていないのか、
少し怖い形相でしたが(汗)、
ご神事をさせていただくと、みるみる光輝くお姿にもどられ
私は、関東全域の龍神を束ねる存在だ!
とおっしゃいました。

どうやら九頭龍大神さまのような雰囲気です。

画像


ツアー当日も、私たち一行を守って下さるようで、
強力な助っ人登場で幸先の良いスタートでした!


さて、レンタカー3台に分乗した参加者は
武蔵国二の宮である二宮神社にまずご挨拶です。


画像


重要なご神事になる予感でしたので
地球主宰神・国常立大神さまに
まず“ご挨拶と後押し”をお願いしようと思ったわけです。


拝殿では
武蔵国二の宮とされているにも関わらず
あまり知名度の少ないここ二宮神社は、
一の宮氷川神社と肩を並べてもよいほどの
超弩級のパワースポットです!
と参加者に説明しました。


高台にある拝殿から鳥居を通して望む武蔵国は
遠くスカイツリーまで見渡せ、
まさに大神さまの
“国見(統治する地域を眺める)”にぴったりです。


画像



境内にある荒波々伎(あらはばき)神社には
以前、社号額を奉納させていただきました。


画像



アラハバキノ大神威さまはご本殿の国常立大神さまと
交流し、共にお働きになれるくらいご開運されたようで、
社号額でお名前を出したことにとても感謝されました。

当時、奉納の直会の席で、宮司さま曰く、
神社庁からは、表に出してはいけないお社
と言われていたそうで、愕然とした記憶があります。

氏子総代さん達にも
アラハバキノ大神威さまが古事記や日本書記を超えた
偉大なご存在であることをお話し、
誇りを持ってください!とお話すると、
そんなすごい神さまがお祭りされているのだ!
と認識も新たにされ喜ばれました。

(ほとんどの方が“足神さま”だと思っていますから・汗)

その後、お祭りに何度かご招待されて撮った写真には
ご神徳が写っていて、神さまが喜ばれているのを感じました。


画像


画像



お祭りではお神輿の”花棒(一番前の特等席)”を
担がせていただきました。


画像



ご社殿の裏手でご神事をさせていただき、
本日の志と予定をお話すると、国常立大神さまは
その計画に大いに賛同してくださるとのことでした。

また、私のレクチャーを聞かれていたのか(汗)、
人間が決めている一の宮などの社格は、私には一切関係ない!
しかし、そうした神々とまとまって力は出していきたい!!
とおっしゃられました。

大いなる“後ろ盾”をいただき、
これで安心してツアーを続行できます。


時間も押していたので次の目的地へ向おうとしましたが
「東京の名湧水57選」に選ばれている神池と
そばに鎮座する社宮社(ミシャグチ・おしゃもじさま)も
気になったので、飛地にある神池までみんなで走りました。


画像


それが良かったのか、参加者が
熱い!熱い!!
というほどの波動がお社から来ました。


画像



社宮社は信濃国一の宮諏訪大社の地主の神で
実は諏訪大社周辺には、諏訪神社よりも社宮社の方が
多く鎮座しています。

つまり信濃国(長野)は、神威さま達が先にいて、
そこへタケミナカタトミノ大神さまが来られたのです。


次は、早くも本ツアーのメインイベントである
大岳山にポータルを立てるご神事です。

参加者のKさんがいろいろ調べてくれたおかげで
ご神事にはうってつけの場所(阿伎留台公園)が
見つかりました。


画像



バーベキュースペースのそばは、誰もいません!


画像



数年前、〈武蔵御岳山ツアー〉で立てたポータルが
かろうじて立っていますので、ここでそれを強固にするわけです。


正面に、大岳山がうっすらと見えていました。


画像



霊能のあるKさんがタイムキーパーをやってくれて
16名も力を合わせたおかげで、
ポータルも順調に立てることが出来ました。
(本当は、炎天下なので早く終わらせたかった、
というのも本音ですが・大汗)

更には〈ご神事の光〉を
関東全域に行き渡らせることが出来ました。

私がほぼ毎日、コトノマチヒメノ大神さまをはじめ
“言霊の神々さま”のご開運を祈っているせいか、
Kさん曰く、
織田先生が発する“言霊”のとおりに
ご神事が成って行って凄いです!
と話してくれました。

私が富士山! 赤城山! 東京湾!と次々に言うと
私たちの所作にあわせて、
神仏が〈光〉を拡げてくれているそうなのです。

私は、少しでも関東地方の〈霊的防災強化〉の一助になればと
思っていましたので、予想を遙かに超える大収穫でした!

志を同じくする人間が16名も集まると
ご神事の効果もかけ算で効果が出ることを実感しました!!


さて、次は延喜式内社の阿伎留(あきる)神社です。


画像



まずは、ご本殿左横にある祓戸神社で
参加者のお祓いをしました。

実はこちらのお社にも以前、社号額をご奉納しました。



画像



二宮神社の荒波々伎神社と同じ日に奉納が決まり、
1日に2社も決まったことに
さすがに驚いた記憶があります。

それ以来10年ぶりぐらいに参拝したのですが、
額だけ届けて、その後いっこうに姿を見せない私のことを
宮司さまは変な人だと思っていたことでしょう。


お祓いは、社前に置かれた“祓いぬさ”でしたのですがその際、
肉体の穢れを祓う外清浄(げしょうじょう)ではなく
〈魂の洗浄〉が起こり、それが祓戸大神さま本来の
お働きだということがよくわかりました。



画像


現在は、こうした神仏が充分に力を発揮されておらず、
あの世での〈魂の洗浄〉が成されないまま輪廻転生して、
前世の“性の記憶”で悩む人もいるのかとも思いました。

ちなみに、祓戸の大神四神さまも○○○の存在で、
総本宮は滋賀県大津市に鎮座する佐久奈度神社です。

お祓いをする前にそれぞれの名前を言って欲しい!

という神さまからのお話がありましたので、
四神ともお名前を申し上げるととても喜ばれました。

瀬織津比売(せおりつひめの)大神
別名・白山比(しらやまひめの)大神(天女神族)で、
ククリヒメノ大神さまの配下の神さま
速開都比売(はやあきつひめの)大神
別名・萬幡豊秋津師比売(よろづはたとよあきつひめの)大神
(ベガ星・北斗七星の天女神族)で、伊勢内宮のご祭神
息吹戸主(いぶきどぬしの)大神
息吹山の主神(北辰の神)
速佐須良比売(はやさすらひめの)大神
玄空の神族(黄泉の国を浄化する神)で、妙見大神配下の神さま

の四神です。

次に阿伎留神社のご本殿裏でご神事をしました。

ご祭神は大物主大神さまをはじめ、
アジスキタカヒコネノ大神です。

ちなみにこの神さまは○○○のご存在で、
地球の神仏をバックアップするために
宇宙から降臨したご存在です。

アジスキタカヒコネノ大神も
お名前をお呼びしたことで大変喜ばれていました。

(むずかしいお名前の神さまは、ふだんあまり
お名前を呼ばれないようです)

そんな神さまのお気持ちを表すかのようなタイミングで
ご本殿上空には大きなサギが飛んできて一同大喜びです!


さて、次はいよいよ大嶽神社里宮です。

ウワサに聞いた細い村道をひたすら登ります。

幸い対向車が1台も来ないまま大嶽神社に到着でき、
ファイナルドアへの難関も、これでひとつクリアです!


画像



途中、車窓から見た大岳山の山頂には
○○○のご存在が何神かいらっしゃり、
歓迎ムードでした!

(ツアーではいつも○○○のご存在が降臨してくださり、
後方支援してくださいます)


大嶽神社では、国常立大神さまのミコトノリを
お聞かせすると急に風が吹き出し、龍神さまが集まられたようです。


画像


(私が左手に持っているのが、ファインビジョン”三種の神器”
高出力ワイヤレススピーカーです・笑)


ご神事をさせていただいて
今回のツアーの主旨をお伝えして帰ろうとすると
神さまがこんなことをおっしゃいました。

あなたたちは、こちらの神社に来るとは珍しいですね!

武蔵御嶽神社に行く方は多いですが、
本来は、こちらとペアで参拝するのが良い!!
とおっしゃいました。

こちらの神社をとおして
大岳山にいらっしゃるたくさんの神仏と交流できる
超パワースポットだということです。

実際、境内の左十九柱神社および右十九柱神社には、
天照大御神さま、国常立大神さまをはじめ五行神さまなど
40柱近い神々がお祭りされており、
武蔵国総社・大国魂神社(里宮)〜武蔵御嶽神社(中社)
〜大嶽神社(奥之院)という流れになるのです。


大岳山の表玄関が武蔵御岳神社だとすると
“通”な奥座敷が大嶽神社になるわけです!


画像


今後、多くの方が参拝してくださるよう
ブログで宣伝します!
 
とお伝えしました。

すると龍神さま現れて〈玉〉を下さろうとしましたが
遠慮させていただきました。

こういう世界では、よく
神さまからいろいろなものをいただく人がいますが、
“身体を壊す原因”になりますので
丁寧にお断りして、絶対にいただいてはいけません!

神さまは良かれと思って下さるのですが
人間の〈耐性〉を超えることが多いのです。


次に向かったのが神戸岩(かのといわ)です。

その形状から大岳山山頂の大嶽神社に入る鳥居とされ、
昭和35年に東京都の天然記念物として指定された峡谷です。


画像



長さ60m、谷底の幅は約4m、壁の高さは約100mで、
大自然が創った、まさに神々の通り道(神の戸)です。


画像



峡谷沿いに張られた鎖場を壁沿いに進むのですが、
ここが東京都とは思えないほどのアドベンチャー気分です!


画像



画像



画像



大自然の大鳥居(100m)と御神体山・大岳山(1,266m)が
神社なんて、まさに武蔵国最大の超パワースポットであることを
実感しました!!


さて、最後はそこから更に1時間ほど
山奥に入った場所に鎮座する九頭龍神社です。


画像



拝殿でご開運をお祈りしていると
昨日、織田家に来られた九頭龍さまが
上空に来られていました。

九頭龍大神さまは大自然を司る偉大なる大龍神さまで
国常立大神さまの配下の龍神さまのトップです。

人間に関わることはないので
あまり祈願はしない方が良いですね!
と話していると太陽がグルグル回転しだしました。


これは、太陽の大神さまの御神威が必要な証拠で
早速、全員で御神威を地中深く引きました。


画像



参加者の中には、太陽が回転するのを
初めて見る方も多く、歓声があがっていました。

ツアーでは、神仏からのお礼や祝福として
彩光がでたり、こうして太陽が回転することがよくあります。

(人間の勝手な思い込みでやっていたら
いつもこんな現象は起こらないものです・笑)

結論として、九頭龍大神さまはお社ではなく、
大岳山の方にいらっしゃるようでした。

すべてのスケジュールも終わり、
時間に余裕があったので、近くの九頭龍の滝へ行きました。

暑い1日だったので、みんな大喜びです!

滝壺で、裸足になる参加者もいました。


画像



これで、奥多摩・大岳山ツアーは終わり。

一路、秋川駅をめざしたのです。


妻曰く、
大岳山の上空で神々さまが〈神事〉を祝い
大宴会を始めているそうです。


帰りの秋川駅からふと西の空を見ると
こんな光景が目に入りました。


画像



大岳山から光が射していたのです!

どうやら、大岳山での【神々の宴】は本当のようです!!

どうぞ!この光で武蔵国が守られますように!!


7月の〈マヤ歴武蔵一の宮ツアー〉と〈成田山ツアー〉、
そして今回の〈奥多摩・大岳山ツアー〉で
“神仏三位一体”のツアーは無事終了。


実は、先日の〈マヤ歴ツアー〉終了後、
帰宅途中に空を見ると、
視界に収まらないほど巨大な龍雲がどこまでも
伸びていました。


画像



妻曰く、大国主大神配下の見沼の龍神さまとのことでした。

どうやら、ツアーのお礼に現れたようです。

妻の元へはその翌日、建速須佐之男尊さまより
こんなメッセージが届いたそうです。

あなたは、なぜツアーに来なかったのだ!
話したいことがあったのに・・・

スサノオさま!またですかぁ〜〜!


画像








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武蔵国のファイナルドア〈神戸岩〉がついに開きました! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる