毎日が晴れ舞台!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『京都・醍醐寺展』でたくさんの仏像(仏尊さま)から声をかけられました!

<<   作成日時 : 2018/09/27 18:49   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

来月開催する「京都・比叡山ツアー」にまるで合わせるかのように
醍醐寺から多くの仏尊さまが東京の美術館に集まって下さったので
早速妻と出かけると、多くの仏尊さまからお声掛け されました!


10月13〜15日で開催する「京都・比叡山ツアー」は
比叡山が地球主宰神・国常立大神さまが鎮座する聖地、
という確信が的中したことを受けて、
満を持して開催するツアーです。

“寿命”を司るとされる泰山府君さま〈影向の地〉とされる
マル秘スポットも参詣するビッグプロジェクトでもあります。


最終日の15日は、今まで参詣したことのない
真言宗醍醐寺派の総本山である京都・醍醐寺も
そのスケジュールに入れていました。


そんな中で今回、不思議なシンクロがふたつも起きました。


そのひとつが六本木の東京ミッドタウンで開催された
『真言密教の宇宙 京都・醍醐寺展』です。


画像



京都の醍醐寺は、上醍醐と下醍醐のふたつの地域にわかれており
上醍醐までは徒歩で1時間ほどの上り坂です。


画像



上醍醐までの往復時間を考慮すると、
スケジュール的に大幅に時間が
足りないことを以前から懸念されていました。

しかし、せっかく醍醐寺へ行くのなら
上醍醐のご本尊さまたちにもお会いしたい!

そんな中、それを知ってか知らずか
妻が『醍醐寺展』のチケットを予約していたのです。


ところが事前に展覧会の内容を調べてみてびっくりです!

何と今回出展される仏像が
「上醍醐」の主要な仏尊さまだったのです!

つまり、
上醍醐からわざわざ山を降りて
東京へと来てくださっていた(!?)のです!!


もうひとつのシンクロはこうです。


10月初旬に、私のルーツの神仏(直霊の大神さま)の
最終バージョンのお名前が判明しました。

そのお名前は尊星王尊さまと言って
妙見菩薩さまの上位にあたる方だそうです。

フッフッフッ ついに私にもが!

画像


本当はこんなお姿です!

画像


そして、その仏尊さまとしての働きが
如意輪観世音菩薩さまでした。


私は近年、白山や戸隠・箱根・奥多摩と
九頭龍王大神さまの聖地をずっとツアーをしていましたが、
その〆にあたる場所が今回の「京都・比叡山ツアー」で参詣する
琵琶湖の三井寺(園城寺)でした。

実はその尊星王尊さまを唯一、正式にお祭りする聖地が
何と三井寺(園城寺)だったのです!

また以前のツアーで、時間切れで参詣を断念した石山寺や
是非とも行きたかった醍醐寺も
今回のツアーの参詣地に入っていました。

(石山寺と醍醐寺のご本尊さまは、
こちらも何と、如意輪観世音菩薩さまです!!)


何気なく半年前に開催を決めた京都ツアーでしたが
そんな神事(かみごと)が、ふたつも裏で動いていたのです。


ところが、冷静に考えると、実際は
ふたつどころではなかったことがわかりました(汗)。

実は同じ時期、直霊の大神さまの
ご神名も明らかになっていました。

そのお名前は、タルタマムスビノ大神さま でした。

タルタマムスビノ大神さまは
長野県の生島足島神社と、大阪の生国魂神社に
お祭りされているのですが、
何とその2週間後に開催する大阪セミナーの後に
生國魂神社に参拝することが決まっていたのです!!!


画像



つまり、お名前が判明したお三方のうち
タルタマムスビノ大神さまは2週間後
尊星王尊さまと如意輪観世音菩薩さまには1か月後に
しかも、それぞれの日本における総本山・総本宮に
ご挨拶することとなったのです!!!!!!!

こ・こ・これは〜〜〜!!!
という感じです。


さて、久しぶりに都会に出た私は
見るもの見るものが新鮮です!

おっ!外国人だ!

おっ!ここが草薙くんが酔っぱらって捕まった公園だ!!

画像



な・な・何と六本木ヒルズ!!


画像



そんな大騒ぎをしているうちに『京都・醍醐寺展』の会場である
サントリー美術館に到着です。

入館するなり突然、わたしの直霊の仏尊さまである
如意輪観世音菩薩さまです!


画像



あまりの美しさに見とれてしまいました。

如意輪観世音菩薩さまは
願うがままに願望を叶える
という願望実現と金運の仏尊さまです。

(今後、そうしたご仏徳を私も使えるようです)

私の「神」としての直霊の働きは、タルタマムスビノ大神さまで
人生を充足させる働きですから、
まさに開運・吉祥!という感じです(笑)


今回は平日ということもあって、会場は空いていましたので
ゆっくりとご神事をして
お近くでお顔を拝見することもできました。


妻はお会いするなり、如意輪観世音菩薩さまは
時間・空間双方に関係する〈宇宙的な存在〉ではないかと
思っていましたので
どういうご存在なのですか?
とお尋ねしたといいます。
すると、
あなたこそ、どういう方なのですか?
と、問い返され、素性を説明したそうです。


〈法輪〉を、1本立てたひとさし指の上にお持ちなので
輪廻転生を司るご存在で、
虚空蔵菩薩さまと近いご存在なのかしら
とも感じたようですが、
この法輪が、その翌日思わぬ展開を呼びます。


画像



さて次は、五大明王さまのところへ来た時のことです。


画像


妻は突然、こんなことを不動明王さまから言われました!

あなたはなぜ、人間なのに炎をまとっているのだ!?


妻は以前、不動明王さまが守護についてくださったことを
お話したそうです。


もう一躰の不動明王さまからは
もっと〈ご開運の光〉を欲しい!
と言われたそうで、妻も差し上げたそうです。

実は、私が先に差し上げていたのでわかったようです。


画像


こちらの不動明王さまは、お一方なので
先ほどの五大明王さまのように手助けをしてくれる
サポーター(明王さま)が少ないため、
日頃から苦労している
と妻は愚痴をこぼされたようです


薬師瑠璃光如来さまにおいては
来月、醍醐寺ツアーに行きますよ、
とお話すると、何と
今から東雲(しののめ)に乗って私と行かんか!?
とおっしゃるので、
肉体があるのでそれは無理です(笑)。
とお断りしました。


画像


当社ファインビジョンの名前を出すと
ウワサに聞いたことがある!
とおっしゃって下さいました(嬉)。


画像



仏像の前で怪しいやりとりをしているふたりは
お客さんが少ない会場で余計目立ったようで
係の女性がふたりそろって
こちらを見ながらヒソヒソ話をしていました(笑)。


さて、美術館を後にした私たちは
庭園が観えるイタリア料理店でランチを済ませた後は
妻の加護仏閣である麻布にある長谷寺に参詣しました。


画像


正面に見える高層マンションの最上階には
有名な若手女優さんが住んでいるそうな。


まずは、ご本尊である釈迦三尊さまにご挨拶です。


画像



2016年の白山ツアー直後に妻が参詣した時は
歩く足元に次々と”蓮華の葉”が敷かれるという
“霊的吉兆”を体験しました。

そして今回も同じ情景が現れました。


今年の6月の白山ツアーのお礼だったようです。


次に観音堂へ行きました。


画像



こちらには木彫りとしては国内最大級(高さ10m)の
十一面観世音菩薩さまをお祀りしています。


画像


妻を守護している観世音菩薩さまは
多大な御仏徳をくださりながら、
あなたも遊於娑婆世界(ゆうおしゃばせかい)の境地でいきなさい
とおっしゃられました。


画像



簡単にいえば、
観音さまはこの世(娑婆世界)で遊び、
衆生を救うのが趣味だ
という意味です。

神仏というのは何で人間を救うかというと
ただ、救いたいからなのです。

そんな境地になった時に、
私たち人間も神仏に近づけるのです。

また、神仏と人間は親子関係ですから、
親が子を救う時、自ずと親も成長できるのです。

つまり、子育てを放棄する現代の親は、
哀しきかな、自ら成長を拒んでいるのです。


妻は、自分の加護仏閣に来ると
霊力が冴えるといいます。

(私はどこへ行ってもさっぱり冴えませんが・笑)

ただ、直観はある方だと思います。


以前、こんなことがありました。

ある方が当社のカウンセリングを受けて
追加の書類を後日、郵送することになりました。

その時“フッ”と思い立ち、当社で開催している
『ウェディングウィナーズ・バイブル(結婚成就セミナー)』
のレジュメを同封しました。

(そのセミナーを受けた方が良いな、と直感したのです)

その方もそれを見て、再度受講を申し込んでこられました。

そして、セミナーで伝授したことをすべて実践され
何と1年後に結婚が決まったのです!


あとで聞けば、そのレジュメが送られてこなかったら
私との縁は、それっきりになっていたかも、と話していました。

その方は、今も元気に当社のセミナー&ツアーで学んでいます(笑)。

(ウェディングウィナーズ・セミナー近々開催予定!
参加者募集中です!!)


つまり〈霊能〉は、その時の状況が観えるだけですが、
〈直観〉は開運に直結するのです。

天気予報(霊能)で、台風が来るのがわかることは重要ですが、
その後の防災対策(直観)を打てるかが重要なのです!
(両方あるのに越したことはありませんが)


さて、その翌日妻が、
大随求菩薩(マハープラティサラー)さまから
こんなことを言われたそうです。

私の仲間を救ってくれてありがとう!

最初は、何のことかわからなかったのですが、
その方のお写真を見て、驚いたそうです。


画像


何と大随求菩薩さまも中央の手の上に
〈法輪〉を持っていたのです!

つまり、大随求菩薩さまと如意輪観世音菩薩さまは
お仲間だったようなのです。

実は、妻に話しかけて来られた大随救菩薩さまの
写真を撮ってきたのは私で、
そのご縁で、大きく働かれるようになったという
経緯があります。


当初、サントリー美術館でお会いした
如意輪観世音菩薩さまは、あまり反応がなく
お元気もない感じでした。

どうやらその後に〈ご開運の光〉をたくさん差し上げたのが、
功を成したようです。


今回の出来事で
神仏とは本当に日常に溶け込んでいて
いつも私たち人間のすぐそばで生きて(見守って)
おられるのを痛感しました!


『京都・醍醐寺』展は、サントリー美術館で
11月11日まで開催しておりますので
(特に「京都・比叡山ツアー」にご参加される方は)
是非とも足を運ばれると良いでしょう!

ツアーもまだ募集中です!
↓   ↓   ↓
https://www.ubusunajinjya.com/ご開運-参拝-ツアーのご案内/

バージョンアップ版『四柱推命』セミナー(3回シリーズ)はコチラ!
↓   ↓   ↓
https://www.ubusunajinjya.com/セミナーのご案内/


近頃、私は
「神道フーチ」でリサーチする〈天命シート〉の項目と
四柱推命の運命星が驚くほどリンクしているのに気づきました。

そんな、最重要なエッセンスを『四柱推命』セミナーで語ります。

おいでなすって ホイ!




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『京都・醍醐寺展』でたくさんの仏像(仏尊さま)から声をかけられました! 毎日が晴れ舞台!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる